ケララ観光ガイド1:人気のハウスボートで水郷地帯をゆらゆら

ハウスボートとは?

Kerala Backwater Map

Backwaters“. Licensed under CC BY-SA 3.0 via Commons.

インドの南国ケララ州で人気のアクティビティの一つ、ハウスボート Houseboat(または、バックウォータークルーズ Backwater cruise)。

ケララ州はアラビア海に沿った細長い州なのですが、海岸線に並行するようにbackwatersと呼ばれる海水と淡水の入り交じる水郷地帯が広がっています。その総距離はなんと1500km!!

昔は、人々の大切な足として使ったり、お米などを運んでいたKettuvallomという船ですが、今はベッドルームやキッチンなどが付いたプライベートホテルのような空間に変身!
とても穏やかな水の流れの上を、のんびりゆらりとクルージングするのです。

日帰り〜一週間などの長期のものまで、さまざまなツアーが提供されています。
ハネムーンにも人気です。

ハウスボートツアーに参加してみよう!

アーユルヴェーダ病院の仲間たちと、日帰りツアーに参加しました。

ハウスボートで一番有名なのは、中部のアレッピー Alleppy(Alappuzha)ですが、ここは北部のカヌール Kannur(Cannanore)。
更に北部のNileshwar(Nileshwaram)というところにあるBekal Boat Stayという会社へ向かいました。アレッピーに限らず、ケララ各地で見つけることができます。

Bekal Boat Stayの事務所

Bekal Boat Stayの事務所

乗船してみます!

手続きを済ませたら、ボートに乗り込みます。

今回のツアーは日帰りなので、ハウスボートの中では小さめなタイプ。
それでも、10人くらい座ってもまだまだ余裕のあるリビングと、キッチン、バスルーム、ベッドルームが一つが付いています。

もともとこの船の名前であるKettuvallomは、ケララのマラヤラム語で「結ぶ」と「ボート」が組み合わさった言葉なのだそうです。
それをよく表しているのが、各所を結ぶ椰子の繊維のロープ。

移動に船を使う人々

移動に船を使う地元の人たち

島へ立ち寄りました

釣りをしたり、お話したり、島の暮らしを眺めたりと、思い思いの時間を過ごします。

途中、小さな島に上陸しました。
なんとも言えない素晴らしい風景が広がっていました。

一面緑、椰子の木いっぱい、その中に草を食む牛の姿。

ケララの島に上陸

ケララの島に上陸

ビーチサンダルで歩いていたら、大きな石に躓いて流血してしまいましたが、楽しい気分でカバーです。
進んでいくと道に出ました。
草の場所と比べると、日差しを避けるものがなくなり、一気に暑さが増します。

暫く進むと、お寺の入り口がありました。
と言っても看板が立っているだけ。お参りするので裸足になって、森の中を進んでいくと、金属のフェンスとその中に石造りの小さな小さなお寺がありました。

お寺を後にし、今度は猿にいっぱい会いました。

ケララの島で出会った猿の親子?

ケララの島で出会った猿の親子?

船上でいただくランチ

ハウスボートのランチ

ハウスボートのランチ

外をお散歩して、お腹をすかせて船に戻ると、ランチの時間です。

船の上でもしっかりとしたケララ料理のオンパレード。
揚げたてのプーリや、山盛りの白米。サンバルという定番のスープ(野菜カレー)や、野菜料理の数々。

ソーサーに乗せた陶器製のカップでいただくチャイをいただきながら、のんびり戻り、夕方には大満喫でハウスボートツアーが終了しました。

乗船する場所や、運行会社によって、さまざまな体験が盛り込まれたツアーになるでしょう。

陸とは違った風景が眺められるので、ケララでの一泊に組み込んでみるのもおすすめです。

ハウスボートツアーの価格(参考 2015年)

アレッピーになると特にツアー会社が多く、どれを選んだらいいのだろう?とお困りになるかもしれません。親切な会社もあれば、お金儲け優先の会社もあるでしょうから。

参考に、DTPC Kollam(州政府関連機関)による2015年11月現在のツアーパッケージ料金をいくつか見てみましょう。
シーズンごとに、基本料金から増減があるのでご注意ください。11/15-12/15は25%アップ、12/15-1/15は50%アップ、1/15-2/15は15%アップです。

ツアー#1(日帰り)

ROUND THE TRIP CRUISE (This house boat cruise covers various islands in Ashtamudi backwaters for the entire day) Departure – 11 am at Kollam Arrival – 5 pm at Kollam Tariff: One bedroom – 2 pax – Rs.5000 Two bedrooms – 4 pax -Rs.5500/- (Lunch included) (Tax extra)

Kollam発着の、Ashtamudiのバックウォーターにあるいくつかの島を訪れる、もっともお安いプランです。11:00〜17:00の8時間。1ベッドルームで二人利用の場合5000ルピー、2ベッドルームで四人利用の場合5500ルピー。昼食込み。

ツアー#2(一泊)

SEE AND SLEEP CRUISE (A day cruise with over night stay in the blue waters) Departure – 2 pm at Kollam Overnight stay – 6 pm to 7 am Arrival: – Second day – 8 am at Kollam Tariff One Bed room – 2 (pax) – 5000/- Two bed room – 4 (pax) – 5500/- (Dinner and breakfast included) (Taxes extra)

Kollam発着の、日中出発して一晩ボートで過ごすツアーです。14:00〜翌8:00の18時間。1ベッドルームで二人利用の場合5000ルピー、2ベッドルームで四人利用の場合5500ルピー。夕食&朝食込み。

ツアー#3(二泊)

KOLLAM – ALAPPUZHA – KOCHI (Two days & two nights) Tariff:- Single bed room (2 Pax) – Rs.24,000/- Two bed room (4 pax) – Rs.28,000/- (Taxes extra) 

旅行者の希望でアレンジしてもらうプランもあります。例えば、Kollam – Alleppy – Kochiを結ぶ2泊のツアー。1ベッドルームで二人利用の場合24000ルピー、2ベッドルームで四人利用の場合28000ルピー。

安心のプリペイドカウンター

DTPC Kollamという政府関連機関が、プリペイドカウンターを設けています。料金が明朗で安心ですね。

店名  Alappuzha – House boat pre-paid counter
電話  09400051796、09447483308、+91-477-2251796、+91-477-2253308
予約方法
  • プリペイドカウンターで直接予約する
  • 口座振込 DTPCの口座に2500ルピーを振り込み、dtpcalpy@yahoo.com宛にメールで連絡
    口座情報:A/c 10150100253203, Federal Bank, Mullackal Branch, Alappuzha. Bank code is FDRL 000001015.

インド号の最新情報

インド旅本 第二弾!「INDIA is #2 "positioning"」販売中ストアで見る≫
+