鳥のさえずる都会の楽園に泊まろう!Lutyens Bungalow|デリー

デリーの高級住宅街の緑豊かなバンガロー

Lutyan’s Bungalowは、デリーの高級住宅地の一角にありました。

1937年に建てられたお屋敷。フランクながら上品さ溢れるオーナー。
この時の宿泊客は、カジュアルな雰囲気ながら、話してみると世界を飛び回る写真家・ヨガのマスター・有名ブランドのプレスなど活躍中の方々ばかり。こちらをデリーの定宿にしているそう。

広々とした敷地内では、オーガニック野菜を育てています。数ある巣箱には、鳥が幸せそうに出入りしていました。

設備と客室

庭に面して、部屋が並びます。
夜はオイルヒーターだけでは冷えるので、就寝前に湯たんぽが配られました。
カバーやランドリーバッグなど、木版プリントで作られていてかわいい!

Lutyen’s Bungalowのごはん

朝は、やさしい光の下でブッフェ式朝ごはん。

空気がキラキラと輝いています。デリーじゃないみたい。

ディナーをお願いすることもできます。その場合は、大きなテーブルをオーナーを含むみなさんとご一緒に囲みます。
遅れを取ったインド号の二人は、席が離れ離れになってしまいました。
次から次へと運ばれてくるおいしいごはん。ちょっと写真は撮りづらい雰囲気だったので自粛しました。
政治やお金の話に華が咲き、インド号は苦戦。笑

ティーバッグなどが用意されたドリンクコーナーがあり、いつでもいただくことができます。
チャイは、ティーバッグで用意されていて、最後にチャイマサラを振りかけるタイプ。
インド号は、茶葉で淹れてもらうチャイが好きなのですが、以前インドの超超超お金持ちのお宅にお世話になった女性が、チャイはティーバック+チャイマサラだったと話していたのを思い出しました。
ティーバッグの方が高級だからなのでしょうか…?

落ち着いた雰囲気のバンガローでのんびり過ごす人々。そんな中、インド号の室内での過ごし方といえば、床に敷いた敷物の上に横たわった廣瀬をモデルに田村がカラリマッサージをするという日々でした。

今では毎回訪れる大好きなクラフトマーケットDilli Haatを、最初にオススメしてくださったのがこちらのオーナーなのです。
インド各州の食も集合!デリーのクラフトマーケット「ディリー・ハット Dilli Haat」

施設詳細

名称

Lutyen’s Bungalow

住所 39 Prithvi Raj Road, New Delhi 110011
電話 +91-11-24611341
メール nath@lutyensbungalow.co.in
チェックイン/アウト時間 チェックイン 12:00
チェックアウト 12:00
交通手段・地図

インド号の最新情報

インド旅本 第二弾!「INDIA is #2 "positioning"」販売中ストアで見る≫
+