チェンナイで南インド料理フルコースを堪能!Dakshin ダクシン

インド到着一日目は、贅沢にシェラトンホテルCrowne Plaza Chennai Adyar Park内の南インド料理の名店Dakshin ダクシンへ行きました。
【2015年10月追記】SheratonからCrowne Plaza Chennai Adyar Parkに変わりました。

ホテルの入り口では、荷物のスキャンとボディチェック。
さすが立派なホテルだけあります!

入り口には、大きなガネーシャ(象の頭の神さま)と生花を浮かべた蓮池。
店内には本物のゴールドを使った絵がたくさんかけられていて、踊るシバ神の像が中心にいます。

木製のかわいいメニューには、チェンナイだけでなくアーンドラプラデーシュやケララなど、土地毎のメニューがのっていました。

インド号はベジミールスを注文しました。1350ルピー

わたしたちは入店時間が遅かったので、普段の内容とはちょっと違うものを提供していただきました。給仕してくださったラジクマールさんは偶然にもケララ出身。ケララの話で盛り上がった後、食事の最後まで丁寧に説明してくださいました。

まず最初にチップスなどの軽いフライもの。

ダクシンの前菜

ダクシンの前菜

しばらくすると、カリッとした豆がおいしいパリップワダ、バナナドーサ、アッパム、そして色取りとりどりのチャトゥニ(チャツネ)が運ばれてきました。
ミント・トマト・タマリンド・ジンジャー・ガーリックトマト・ココナッツ。
気分が盛り上がります。
この次にきたペッパーラッサムも絶品。大大好きでした。

続いて、どーんとミールスが来ました。

ダクシンのミールス!

ダクシンのミールス!

左手前から時計回りに、ヤムフライ(ヤム芋とカレーリーフのパリパリ感が絶品)、クラスタービーン?とココナッツ、蛇瓜とレンティル、チェッティナード名物のパッチャマラガイマンディ?(小玉ねぎ・エシャロット・グリーンチリ)、ベジクルマ(ココナッツとポピーシードベースのカレー)、ベンダーカーティーッェ?(オクラとタマリンド)、サンバル、レモンライス。
真ん中に鎮座するアッパム。そしてイッディアッパンとカヌールのあるノースマラバールのポロタ。

ポロタ

ポロタ

さらに食事の終盤には、ライスにお豆の粉パリップポディと溶かしたギーをかけて指で混ぜたごはんを初体験。カレーリーフの粉もありました。そのままではほとんど香りはしないのですが、ギーをかけたときに香りがたつのだそうです。

そしてカードライス。ヨーグルトと混ぜてオイルにスパイスなどをテンパリングしたものを混ぜて作ります。食べ方は、指にほんのちょっとだけピクルスを付けて舐めて、カードライスを一口。
組み合わせが絶妙です。ちょっと多めにピクルスを取ると、「もっと少しもっともっと、ほんの少し」とラジクマールさんが教えてくれます。
カードライスは、食事の最後にいただくのだそうです。

カスタードアップルのアイスと、テンダーココナッツのパヤッサム

カスタードアップルのアイスと、テンダーココナッツのパヤッサム

食後のデザートには、熟したココナッツのエラニールパヤッサム。クリーミーな舌触り。
そしてカスタードアップルのアイスクリームでした。

どれも絶品で楽しかったです。とても安いと思いました。

お店の外にはマイクロソフトのビルゲイツさんなどの著名人のサインが飾られていましたよ。

インド号の最新情報

インド旅本 第二弾!「INDIA is #2 "positioning"」販売中ストアで見る≫
+