飲む点滴!チェンナイ路上の生ココナッツジュース

ココナッツジュース屋さんの探し方

ココナッツジュースは、普通のジュース屋さんに売っているのではなく、ほとんどが専門店。
お店の前に高く積まれた緑色のココナッツが目印です。

緑色のココナッツが目印

緑色のココナッツが目印

インド各地で飲むことができます

チェンナイにあったお店(屋台)のココナッツは、驚くほどジュースがたっぷり入っていて、お腹いっぱいになりました。でも、不思議な爽快感。
周りのお店と比べてもダントツ人気のようで、ぞくぞくと人がやってきました。

ココナッツミルクシェイク

カヌールの市場にあるココナッツジュース屋さんでは、オリジナルのココナッツミルクシェイクもおいしいです。

南インドの専売かと思っていたら、カルナタカ州ウドゥピは駅に「Coconut City」の文字。
北東部のビハール州にもココナッツやバナナの木がたくさん生えていて、町中にもジュース屋さんがたくさんありました。
大都市デリーでも、おいしいココナッツを堪能しました。

ココナッツジュースの選び方/飲み方

ココナッツは、青から段々毛の生えた茶色へ変化していきます。

青は、ちょっと青くさい味でジュースがたーっぷり。白い果肉(コプラ)はあったり無かったり。
しばらくすると、青くさみが減ってマイルドな味のジュースになってきます。お腹が空いている時は、あえて「コプラを食べたい」と伝えて選んでもらいましょう。
ジュース屋さんには並んでいませんが、茶色のココナッツジュースは、ジュースの量は少なくても、お味はバツグン!割ってココナッツの実を削って料理に使う際に、出てきたジュースを飲みます。

  1. オーダーする。大体20〜50ルピー/1個。
  2. 穴を開けて、ストローを刺して渡してくれます。
  3. 中のジュースを飲みます。
  4. 飲み終えたら、お店の人に再度渡して真っ二つに割ってもらいます。
    白いぷるぷるしたココナッツの果肉(コプラ)を食べましょう。

お薬としてのココナッツ

アーユルヴェーダカラリパヤットゥでは、ココナッツジュースはお薬。
天然の点滴のようなもので、身体への浸透がとても良いです。
熱を冷ます作用や利尿作用があるので、暑いとき、炎症があるとき、下痢の時、キレイな水が手に入らないときなど、とてもオススメですよ。

インド号の最新情報

インド旅本 第二弾!「INDIA is #2 "positioning"」販売中ストアで見る≫
+