マスタードの使い方が衝撃的!東インド・ベンガル料理「プージャー」|東京・町屋

知れば知るほどおもしろい、カレーの無限な広がり

Map of Bengal

東インド・ベンガル地方料理のお店、東京・町屋のPuja(プージャー)におじゃましてきました。

ベンガル地方は、インドの西ベンガル州とバングラデシュを含むエリア。

マスタードをよく使うというベンガル地方のお料理。味に、かなーり特徴があるのではないかと、以前から評判の良いプージャーさんに伺う機会を狙っていたのです。

マスタード以外にも、小麦ではなくお米がメインで、お魚が豊富とのこと。

お店は地下にあります。行ってみましょう!

実食!

限定のコースをオーダーしました。

  • Luchi 揚げパン
  • Cholar Dal ヒヨコマメのスープ
  • Alur Dom じゃがいもカレー
  • Bhapa Oyster 牡蠣のマスタード蒸し
  • Oyster Tomato Jhaal 牡蠣のスパイシートマトグレイビー
  • Sada Bhaat バシュモティライス
  • Papor, Chatni 豆せんべい、チャツネ
  • Payesh ライスプディング

ベンガル人の奥様ションチータさん

ベンガル人の奥様ションチータさん

コルカタから2時間半ほど離れたシャンティニケタンご出身の奥様ションチータさんが、食べ方を教えてくださいます。
揚げパンに付けて食べるものと、お米と食べるものが分かれていて楽しい♩

牡蠣のマスタード蒸しを見てください!
マスタードオイルをよく使うという噂だったのですが、マスタードシード自体をこんなにふんだんに使っているとは思いませんでした。マスタードが隠し味なのではなく、マスタードがメインです!

バナナの葉の包を開けた瞬間に、プ〜ンと漂うマスタードのいい香り。
その後の味がとても楽しみになりました。

甘みのあるチャツネや、じゃがいものカレー、どれもとてもおいしくいただきました。
量がたっぷりだったので、食後のチャイはおあずけ。

ベンガル料理を作るのは、日本人の旦那さま。フロアで忙しく働くお母さんと遊びたくてたまらない、かわいいお嬢さん。
ご家族の飾りっ気のない雰囲気からか、お宅にごはんを食べに行ったようなくつろいだ気分になりました。

また他のメニューも食べに行きたい♩

家でたのしむベンガル料理

とっておきのインド・ベンガル料理 Bengali Cuisine Bengali Cuisine

店舗詳細

店名 Puja(プージャー) 食べログ
住所 東京都荒川区町屋3-2-1 ライオンズプラザ町屋B1F
電話 03-3800-1636
時間 木―火 17:30―22:30 (L.O)
定休日 水曜(水曜祝日の時は営業、翌木曜が休業)
交通手段 電車:東京メトロ千代田線「町屋駅」1番出口より徒歩6~7分

インド号の最新情報

インド旅本 第二弾!「INDIA is #2 "positioning"」販売中ストアで見る≫
+