インド先住民族の村のオシャレ宿「Chandoori Sai」|オリッサ州ゴーダギューダ村

村に滞在したい!

サリーを広げているところ

写真や立ち入りなど規制が多いという少数民族(Adivasi アディバシ)の村々。
町を拠点に訪ねるだけではなく、どうにか村の中に滞在したい!と探し、ようやく見つけたのがChandoori Sai チャンドゥーリ・サイでした。

Chandoori Saiは、オーストラリア人のリオンが惚れ込んだ土地に建てた宿。
外部の人間だからこそ見える、村やそこに住む人々の魅力を惜しみなく伝えてくれるような気がして、こちらに滞在することに決めました。

庭を囲む5部屋の客室

デリーから約10時間の旅。最寄りのアンドラプラデシュ州ビシャカパトナム空港からは車で約200km。道中の模様は「約62の部族が暮らす、東インド・オリッサ州への旅」をご覧くださいね。

緑の絨毯を囲むように部屋があります

宿のあるゴーダギューダ村(Gaudaguda Village)の家屋と同じように、牛糞で手入れした壁。
その土地の知恵と快適さがうまく融合しています。

部屋は全部で5つ。
外の強い日差しを遮り、適度な涼しさを保つ広々としたお部屋。
ベッドの寝心地も最高!お湯がたっぷり出るシャワーもうれしいです。
部屋の外には、この村の特産であるテラコッタの壺が吊るされ、小鳥が出入りしていました。

スタッフは村の女の子たち

働くスタッフはみんな、村の若い女の子たち。

インド号が到着すると、冷えたレモンウォーターを部屋に届けてくれました。
日陰に席を用意してくれて、そこで彼女たちが洗濯したり、お花を摘む姿を眺めていました。
みんなとっても仲が良さそう。楽しそうにお仕事していました。

オーナーのリオンは、現地の言葉を使わないと聞いて驚きました!
この土地を愛していて、もう15年間もオーストラリアに帰っていないというのに……ナゼ?!
実は、それには理由がありました。
リオンが英語しか話さないようにすることで、彼女たちが英語を覚えるようになるからとのことでした。

ここで働くということや、西洋式の調理法やおもてなしを覚えること、そして英語を話せるようになると、今後の生活に役立つという、彼なりの信念をもった教育のありかたでした。

気持ちよさそうにお昼寝するインド人ファミリー

隣の部屋では、サリーを身につけた細身のおばあさんが、ドア前の石の床で寝ていました。その少し先の、日差しがさんさんと照りつける芝生の上では、若い男性がうつ伏せでお昼寝。

裕福そうなインド人一家とリゾート、そしてお昼寝姿とのギャップが、なんともインドらしいと思いました。

インドに来るといつも、硬くて冷たい床や石の上、不安定なサイクルリキシャの上、一つのベッドを数人で共有したり、騒音の激しいところで無防備に眠る姿を目にします。日常的にこの状態で休めているのが、すごいなぁ、便利だなぁと感心してしまいます。

部屋の前にテーブルをセット

インド号の泊まっていた部屋

土地の食材を使ったごはん

ローカルフードやオリッサ料理を食べたかったインド号にとっては、少し悲しかったのですが、Chandoori Saiのごはんは主に西洋食でした。でも他の方々にとって、アクセスの悪いこの土地で西洋食が食べられるということは、とてもすごいことのようでした。
インド料理が苦手な人やインド料理に疲れた方には、とっても助かるでしょうね。

一度だけ、インド料理のマッシュルームチキンカレーとライスが出てきた以外は、できるだけ土地の物を使った野菜サラダやロースト、手作りのパン、釜で焼いたピザなど、シンプルなお料理でした。

朝晩は、宿泊客全員で大きなテーブルを囲んで取り分けながらいただきます。
ランチは希望者のみ。部屋の前で食べたり、ランチボックスに入れて持たせてもらいます。

チャイをお願いすると、いつも手作りのクッキーが付いてきてうれしいです。
暑い時は、凍らせたグレープも!気が利いてますね。

Chandoori Saiでのオススメの過ごし方

芝生で思う存分ゴロンと!

  • 村をお散歩
  • 陶工などの作業を見せてもらう
  • 近くの村を訪問
  • 各地からいろんな部族が集まるカキリグマの日曜市に行く

それぞれについては、また後日ご報告しますね!
楽しい時間はあっという間に過ぎました。

施設詳細

店名 Chandoori Sai Guesthouse チャンドゥーリ・サイ
Tripadvisorで評価をチェック!
住所  Goudaguda Village, Kakiriguma,
 Koraput District. Orissa, India
電話  +91 9443 342 241(携帯)
交通手段・地図 ヴィシャカパトナム空港より200km、ブバネシュワル空港より約500km。最寄り駅は、Kakiriguma駅。

インド号の最新情報

インド旅本 第二弾!「INDIA is #2 "positioning"」販売中ストアで見る≫
+