ヒンドゥー教徒しか入れません!見た目がポップなジャガンナートの寺院|オリッサ州・プリー

海辺の町プリーのジャガンナート

インド東海岸にあるPuri(プリー)は、インドの入り口がコルカタ(カルカッタ、Kolkata)だったころ、日本人がたくさん訪れた町。

この町の中心は、オリッサ州で広く愛されているジャガンナートという神さまのお寺Jagannāth Mandir。ヒンドゥー教で重要な聖地の一つで、インド各地から毎日たくさんの巡礼者が集まってきます。
特に、6〜7月頃に開催されるラト・ヤートラー(Rath Yātrā)というお祭では、大きな山車がねり歩き、町を人が埋め尽くすのだそう。

右から、ジャガンナート、妹スパドラー、兄バララーマ

ジャガンナートとは、宇宙の主。お兄さんのバララーマと妹のスパドラーと、三体セットで祀られているのが基本。
少し変わった見た目の神さまは、土着の神さまであることが多く、ジャガンナートも元々はオリッサ地方の土着の神さま。後々、ヒンドゥー教に融合されて、ヴィシュヌという神さまの化身とされています。

日本でも、立派なジャガンナートを大阪の民族学博物館(みんぱく)で見ることができますよ。
日本で知るインド!国立民族学博物館(みんぱく)へ行ってみよう|大阪

街角ジャガンナート・コレクション

インド号が、はじめてジャガンナートを見た時、そのキャッチーな外見にノックアウトされちゃいました!
そして、木彫りのジャガンナートを手に入れたいと思って、今回プリーにやって来ました。

プリーに来る前に行った先住民族(トライブ、アデバシ、adivasi)の村々でも、ここプリーでも、州都ブバネーシュワルでも、ジャガンナートの姿を度々見ました。

三体揃っているものだけでなく、一体だけのもの、目だけのものなど、バリエーションは豊かでも、特徴が強いのでジャガンナートだとすぐにわかります。

ちなみに、イカットの村人にとっては、三体ではなく一体が基本だと言っていました。
インドの手仕事6:日本の絣織りのルーツ「イカット」|オリッサ州

信者しか入れません

ジャガンナート寺院は、ヒンドゥー教徒以外は入ることが許されていません。。。
どうやって見分けるのかわかりませんが、とにかくインド号は入ることができないので、地元のガイドさんの誘導でお寺を見渡せる場所へ行きました。
ぐるりと高い壁に囲われた寺院、道路からは覗くことのできない内部を一望できるスポットでした!

ジャガンナート寺院全貌

中央左にあるのは監視塔。これはテロ防止のためだそう。
人が多く集まるところには、テロの危険があるのですね。

混雑時の行列用の柵

混雑時の行列用の柵

寺院の周囲を歩くクリシュナのパレードに遭遇。

ケータリングOKのベジタリアンなお寺ごはん

ジャガンナート寺院は、完全ベジ(菜食)です。
お寺のキッチンでは、毎日たくさんの食事が作られていて、お願いするとケータリングで家で食べることもできるのだそう。

お寺から続々とごはんを運び出す姿を目にしました。

ジャガンナート寺院のキッチン

ジャガンナート寺院のキッチン

門前町で遊ぼう

お寺の周りを囲むように、お店や宿舎がずらりと並んでいます。
以前ご紹介したアーユルヴェーダチャイ屋さんも、その一つ。
町のお医者さん!アーユルヴェーダ・チャイ屋|オリッサ州・プリー

ジャガンナートグッズを探そう!

木彫りのジャガンナートを買うのが、プリーに来た目的の一つ。
でも、なかなかグッとくる木彫りに出会えません。
やっと見つけた!と思ったら、お兄さんのバララーマ一体のみ。
しかたないので、ここではプレートなどを購入。

でも、こんなにジャガンナートグッズがあるなんて、ウィンドーショッピングだけでも楽しめます。

どうにもグッと来ないジャガンナート像

買っちゃいました!

一番のお気に入りは、隣町、オリッサ州都のブバネシュワル(Bhubaneshwar)にあるクラフトマーケット「Ekamura Haat エカムラハット」で購入した扉付きジャガンナート。
他にもいろいろ買っちゃいました。

誰でも入れるジャガンナート寺院もご紹介

本山は入場できませんが、出張所のようなジャガンナート寺院があって、こちらは宗教問わず誰でも入場できます。

まずはお堀(ガート)で足を洗って、サンダルを脱いで入場しましょう。
回廊を一まわりします。その間、各ブースでお寺の人にお供え物を買うように執拗に迫られました。

誰でも入れるジャガンナート寺院出張所

お寺の中の人が、ささげ物を押し売りしたり、寄付を強要してくるのは、残念ながらよくあること。。ありがたい気持ちや、来て良かったという気持ち、もっとゆっくり見たいという気持ちが削がれちゃうので、もったいない行動だなと常々思います。

対策としては、「ナイチャイエ(要りません)」や「No, thank you.」ではなく、合掌して「ダンニャワード(ありがとうございます)」と言ってみてくださいね。

寺院詳細

寺院名

 ジャガンナート寺院 Jagannath MandirTripadvisor

住所  Temple Road, Puri, Odisha 752001
交通手段・地図

インド号の最新情報

インド旅本 第二弾!「INDIA is #2 "positioning"」販売中ストアで見る≫
+