インドSIM!ムンバイの場合、空港ではなく市内で手に入れよう

インド号が持ってきた通信機器5つ

日本と同じようにとまではいかなくても、インドでも仕事をしたり連絡を取ったり、インターネットや電話はもはや欠かせないツールです!

2016年秋のインド旅。持っていったのは計5台。

  1. iphone 4S(SIMフリー)✕ 1台
  2. iphone 6(softbank SIM) ✕ 2台
  3. Mac book pro ✕ 2台

今回の目標

  • インド現地の携帯番号が必要なので、SIMを購入して1のSIMフリー携帯に入れる
  • PCや他の携帯でもインターネットができるように、wifiルーター的なものを買う

2015年のチェンナイ市内の通信会社Airtel(エアテル)オフィスで、「旅行者はSIMを買えない」と断られてしまったことがありました。
ですがその数日後、隣のケララ州コーチン空港のAirtelカウンターで簡単に手に入れることができました。そのため、今回も空港でSIMを買ってから旅をはじめようと計画していました。
インドで携帯電話を使おう!2015

ムンバイ空港に携帯カウンター無し…

インド第二の都市ムンバイの国際空港に降り立ったインド号。
到着ロビーに出て、右を見ても左を見ても、通信会社の看板らしきものが一つも見当たりません。

近くにあったカフェの店員さんに聞いてみると「この空港では携帯やSIMを買うのは無理」と言われてしまいました。

市内の携帯ショップへ

仕方がありません。ムンバイ市内のホテルへ向かうとしましょう!

そこで会ったスタッフの一人がとても親切でした。
「何か必要なものあったら言ってくださいね。たとえばタクシー、列車、…、SIM…」
「え?!今SIMって言いました?」思わず喰いついてしまいました。
「はい、500ルピーです。okですか?」
この手軽さに驚き、パスポートと写真を一枚持って、スタッフさんと一緒にホテルから数十秒の携帯ショップへ行きました。

SIM購入&プラン選択

160901-mumbai-132-mobile

書類に記入し、電話番号を選び、あっという間に購入完了。
朝9時頃だったのですが、早ければ夜7時頃には使えるようになるとのこと。

  • 1GB分のデータ容量プレゼント
  • 速度 3G

26ルピーでフリーローミング化!

インドは広いので州ごとのローミングが必要で、他州で購入したSIMをそのまま使うとチャージしたお金がどんどん減ってしまいます。

これは、各地を周る旅人には痛いシステムです。
ですが、26ルピー支払うとフリーローミングにできるというのです!
これからの旅ルートを確認した上で、提案してくれました。これまで知りませんでした。

無事開通!

購入したSIMをmicro SIMサイズにカットして挿入。

19時を過ぎ、Airtelに電話。書類記入時に伝えた電話番号を伝え開通完了です。

しかし、開通後になぜかネットに接続することができず、1GBもらったはずなのに残量が0GBというメッセージが届きました!
翌朝また携帯屋へ行き、再度設定し直してもらうと、無事1GBが補充されました。

wifiルーターは不要

PCでのネット接続については、今回購入したSIMでテザリング(インターネット共有、インドではhotspot)すれば良いとのこと。

日本では通信会社によって、あまり推奨していない方法なので、突然莫大な料金を請求される可能性も否めませんが、月次契約ではなくプリペイドのため、請求を恐れずテザリングすることができます。

インドでテザリング、インターネット共有

早速、携帯2台をテザリングしてみたところ、Google Mapなどの読み込みも早くストレスフリー!
旧式のiphone 4SはGoogle mapやUBERなどの利用はかなり厳しく、通話とルーターとして使用しました。
電波が悪いところもありましたが、基本的にはiphone 6のテザリングはかなり使えました。

ホテルのwifiもとても遅いことが多かったため、iphone 4sのテザリングでほぼ一ヶ月の通信を全て賄いました。

【解決法】他州に移動してネットが遅くなる問題

フリーローミングにしたものの、州をまたぐと途端にネットがほとんど使えなくなるという現象が頻発しました。

再起動してもダメなら、一旦SIMを抜き差ししてみましょう!
インド号は全てこれで無事解決しました♩

1ヶ月で使った容量・金額

1ヶ月で使った容量:31GB弱

10GBで約990ルピーだったので、データ料金は1ヶ月で約4500円、電話はLINEやwhatsappの利用も多かったので約100ルピー(約150円)。SIM代500ルピー(約750円)。 

かかったお金:約5400円

今後の理想

日本で使っているのが新式のSIMフリー携帯なら、そのままインドSIMが利用できるので、1台で賄えてよりシンプルで快適ですね!

インド号の最新情報

インド旅本 第二弾!「INDIA is #2 "positioning"」販売中ストアで見る≫
+