インド旅にはスーツケース?バックパック?

スーツケースで行くか、バックパックで行くか、まずどんな旅をするのかを考えてみましょう。

暖かい南インドで一カ所滞在のケースと、寒い北インド〜暖かい南インドまで各地移動のケースの経験をまとめたので、ご自分に合うものを選んでくださいね。

南インドに一カ所滞在型

1度目は、大きなバックパックで行きました。背負えたお陰で、ダッシュでバスを捕まえるときは助かりました。でも水を通したので、中身のパソコンがモンスーンの大雨で一発でやられました。

2度目・3度目は、大切に持ち帰りたいものが大量にあったので、スーツケースで行きました。
とっても大きなスーツケースだったので、移動のときに苦労しました。
エスカレーターの無い混雑した駅の階段を持ち上げて歩いたり、リキシャに乗りづらかったり、お迎えにきてくれた車のトランクのドアを閉められず開け放しで走ってもらったり。
たくさん詰めると飛行機に乗せられないくらいの重量になってしまいました。

荷物がなければ、バックパックの方が楽なのにと思うことがしばしばありました。
でも!セキュリティ性や中身が壊れづらいのがうれしいです。

北から南まで各地を移動型

スーツケースを拠点であるデリーに置いて、バックパックで各地を移動。
バックパックなら意識が届く範囲だからです。移動する際にはいろいろ見ていられないし、重い荷物は持ち上げるのも大変だからです。
バックパックの中に、折りたためるボストンバッグを入れていき、帰りに荷物が増えても対応できるようにしています。
現地でのちょっとした移動用に、小さなザック(折りたたみ)も入れています。

大きなバックパックにはカギができないので、バッグのセキュリティはあまりしていません。
ボストンバッグから目を離すときは、小さな南京錠を付けています。
大きなバックパックでの移動中は、重いけれど絶対手放さないようにしています。1人のときはお手洗いなど、常に背負っていなければならずとても不便です。

バックパックの場合

karrimor(カリマー) クーガー 70-95 インク

よかったこと
軽い
両手があくので身軽に動ける
形がある程度変形するので、荷物が少ないときは小さくできる
枕になる
よくなかったこと
カギができないので、大事なものをしまっておけない
雨季に中身が濡れた
ワレモノを日本に持ち帰るのに苦労した
常に背負わなければならないので体に負担がかかる

スーツケースの場合

(リモワ)RIMOWA Salsa Air サルサエアー MultiWheel マルチホイール ライムグリーン スーツケース キャリーバッグ(820.70.36.4)並行輸入品

よかったこと
固いので、手荒に扱われてもある程度中身が守られる
カギができる
タンス代わりになる
腰かけられる
よくなかったこと
リキシャなど狭いスペースに乗せるのが大変
砂利や階段・道が悪いところで転がすことができないので、常に持ち上げて運ばなければならない

結論

インド号のおすすめは、

  • ツアーなら断然スーツケース!飛行機やタクシーでの移動が多い人もスーツケース
  • 電車やバスでの移動が多いなら、バックパック
  • どこかに拠点を置けるなら、そこまでスーツケースで、小さな移動をバックパック

インド号ポイント

モンベル(mont-bell) ワイヤーロック ブラック(BK) 1124173

どちらにしても、盗みづらくするために、チェーンなどで何かに結びつけたりできると安心です。

帰りの荷物が多い場合は、別途郵送で送るといいでしょう。

さて、次はインド旅の持ち物について考えてみましょう。
インド旅のもちもの

インド号の最新情報

インド旅本 第二弾!「INDIA is #2 "positioning"」販売中ストアで見る≫
+