インドの手仕事3:壁画が見事「ミティラー画/マドゥバニ画」|ビハール州・小さな村編

ランティーとジットワルプルという地名で揉めます

ランティーの地図や看板の写真

インド号がドライバーさんに、目的地としてお願いしたのは、ランティー(Ranti)とジットワルプル(Jitwarpur)の2ヶ所

ランティーとジットワルプルという地図上の異なる場所にある二つの地名にも関わらず、突然ドライバーさんが、「これは一つの場所の名前で、ランティージットプルだ!」と言うようになりました。
(もはや、ジットワルプルでも無いです…。)

インド号が、いくら地図を見せて2つの場所を示そうが、ロードサインの写真を見せようが、ただ怒鳴ってくるだけで聞く耳を持ちません。毎日毎日ヒドイもんです。

刺繍ペーパーマッシュに続いて、目的地に行くだけでも苦労しそう!

壁画を発見!!

ドライバーさんと揉めながらも、どこかにヒントがないかキョロキョロ探していると、何とか向かってもらえたジットワルプルで、走る車の中から遠くに見える壁画を発見!遠視でよかった!!
急いで車を停めさせ、降りて駆け寄るインド号。

すると…、後から付いてきたドライバーさんが、突然元から知ってた場所に自分が案内してきたかのように振る舞い始めました。
アレレ???またも訳がわからなくなってしまうインド号でした。笑

それでも壁画を見つけた喜びでいっぱい。

偶然声をかけてくれたのはミティラー画一家

子どもたちと遊んでいると、知らない男性が話しかけてきました。
その方にも自分たちが求めているものを伝えると「壁画のある場所を知ってるよ」「自分の家だよ」「Indu Deviの息子です」と言うのです。
Indu Deviさんは、今は亡きナショナルアワードを受賞したミティラー画家さんなのだそうです。

興味を示すと、近くにいた奥さま、娘さん、甥っ子さんも登場しました。
ドライバーさんは、行くな!と強く引き止め、車に戻れ!と言います。息子さん一家にも、何か強い口調で文句を言っています。

インド号が信頼したのは息子さん一家。ドライバーを無視して、車の入れない村へ、連れて行ってもらいました。

あぁ、なんだかとってもステキな村!!ワクワクします!!

ミティラー画の宝箱

村の至る所に、壁画や泥壁画(マッドアート)があります。
目的のIndu Deviさんのお宅は、特に見事な壁画で、遠くからすぐ気がつきました!

小さなお家の中には、ndu Deviさん自身の遺作や、息子さんの描いたミティラー画、お嫁さんのゴーダナ画(入れ墨)作品が詰まっていました。貸し切りの美術館みたい!

帰り道は、子どもたちがぞろぞろと付いてきました。
村には、たくさんミティラー画家さんがいることがわかりましたが、Indu Deviさんの作品は飛び抜けてステキでした。

車で通れる道からは、決して気づかなかった生活圏。
道ばたで、偶然息子さんに声をかけていただけて、とても幸運でした。

インド号の最新情報

インド旅本 第二弾!「INDIA is #2 "positioning"」販売中ストアで見る≫
+