おいしい♪なかしましほさんのシフォンケーキ

なかしましほさんのレシピで作ったシフォンケーキは、とってもおいしいです。
お店で食べるシフォンケーキはふわっふわで、自分にはとても作れないものかと思っていました。

必死にメレンゲも全卵も手で泡立てているのを見た夫がPanasonicのハンドミキサーをプレゼントしてくれました。
柳宗理の泡立て器は、普段はとっても使いやすいのですが、手で何十分も泡立てていると、作ること自体が少し面倒になってしまうし、メレンゲ自体も、時間をかけると卵白の状態が良くなくなるらしいのです。
時間をかけて質が悪くなってしまうなんて悲しいです。

ハンドミキサー、初めての使用で「何を作ろう?」と思ったときに浮かんだのがシフォンケーキでした。少し先の父の日に義父にプレゼント向けてがんばります。
「ほぼ日」なかしましほさんの”とてもくわしいシフォンケーキのレシピ”

「成功!」と思って切ってみると大きな穴が開いていたり、底上げしてしまったり、型から外すときにボロっと一部が崩れてしまったり…。最初の2,3回は見た目失敗。夫やインド号の廣瀬郁実の口に入りました。

父の日が迫ったある日、栗原はるみさんが
「もう無理って言うくらい泡立てても大丈夫。逆さまにして落ちないくらいしっかり泡立てること。」
と話しているのを見て、これまで以上に思い切り泡立ててみました。そしてオーブンの温度も最初の予熱を高めに設定してしっかり温めて、最初の5分を少し高めの温度で焼いてみると大成功!!
型から外すのも、ナイフでは難しかいので、最初の少しだけ使って後は手外しにしてみると大成功しました!これは簡単です!

はじめて成功したシフォンケーキ祝☆成功

それ以来、何度か作っているうちに、手軽に作れるおやつとして我が家の定番になりました。

バニラビーンズを入れたもの、チョコレート味、チャイ味、バナナ味などいろいろ作りました。
プレーンは、まるで蒸しパンのようで、なかしまさんが、まいにち食べたい”ごはんのような”シフォンケーキ
と言っているのがよくわかります。手でパカッと割って、朝ごはんに食べるのも幸せです。

なかしまさんご本人のシフォンとクッキーは、毎週木曜日(8月以外)鎌倉のソングブックカフェに納入していて、本物を食べることができるそうですよ。

なかしましほさんの本いろいろ
なかしまさんのお店 foodmood

インド号の最新情報

インド旅本 第二弾!「INDIA is #2 "positioning"」販売中ストアで見る≫
+