空港のプリペイドタクシーを利用!ケララ州コーチン空港〜避暑地ムンナール

コーチン空港到着は夜

何年か前にケララで山に登ったとき、その緑豊かなアーユルヴェーダのお薬の宝庫である自然にほれぼれしました。ムンナールMunnarも、ケララの人によくオススメされる場所だったので、アーユルヴェーダを探しに行ってみましょう!

まずは途中降機していたタミルナドゥ州チェンナイから、飛行機でケララ州コーチンに夜到着しました。

プリペイドタクシーの使い方

プリペイドタクシーカウンターで、予約していたホテルの名前を告げます。
住所も電話番号も伝え、ホテルの人とやり取りしてもらったのですが、インド号の手配したホテルは有名でないようで、場所の把握までしばらく時間を要しました。
その間に、マラヤラム語で名前を書いたり、日本語でみなさんの名前を書いたりしてお遊び。

無事に行き先が確定した時点で、金額が決定!カウンターで支払い、ドライバーに伝票が渡されます。
この伝票は、目的地に到着したときサインします。

途中の食堂で、今旅初のケララ料理

ムンナールまでは遠いので、食堂に立ち寄りました。
久しぶりのケララ料理に胸が高鳴り、注文したのはドーサと豆カレー!

残念ながら、特においしくありませんでしたが、うれしかったのはピンクウォーター!
アーユルヴェーダが根付くケララならでは。血液がきれいになると言われています。

急カーブ、急坂、急ブレーキ、穴ぼこ

段々と山道になってきました。
ドライバーさん、ちょっと運転が荒いです。
急ブレーキ!急発進!そんな状態なので、先ほど食べたごはんの消化がうまく進みません。

更に、日光のいろは坂のように、道がぐねぐね曲がっています。
途中、かなり道が細くなったり、崖が近くなったり。道路に穴が開いていたり、向かいからトラックが来てぶつかりそうになったりします。

高原に向かっているので当たり前なのですが、それでもこんなに山を登るとは思っていませんでした。標高1,600mだそうです。
2時間くらいで到着すると言っていたドライバーさんに、何度聞いても「あと○十キロ」となかなか距離が縮まりません。

ホテルに到着

結局ホテルに到着したのは、コーチン空港を出てから約5時間後。
Google mapで距離から時間を測っても、まったく当てにならないインドの道…。苦笑
チェンナイから、移動に次ぐ移動で、疲れてしまったインド号でした。

真っ暗で、どんな景色が広がっているのか見えませんが、空にはたくさんの星。
そして避暑地だけあって涼しいです!30℃を超えていたふもととは違います。
急いで薄手のダウンジャケットを取り出し、靴下を履き、追加で毛布をもらいました。それでもまだ寒いっ。
お湯をお願いしたら、出てきたのはまたまたピンクウォーター!ケララにいるのですね。

インド号の最新情報

インド旅本 第二弾!「INDIA is #2 "positioning"」販売中ストアで見る≫
+