インドではじめての小旅行!バスに揺られてエリマラビーチ

日帰りだけど、はじめての遠出

パンチャカルマも授業もお休みだった8月の最終日、現地のガイドブックに載っていたエリマラビーチEzhimala Beachへ行きました。
日本のガイドブックと違い、写真もなく文章がちょっこっと掲載されているだけ。
どんな所なんでしょうね。

朝ごはんは、ケララならではのフルーツ三昧。
キウイのような見た目のチックー、まわりがボコボコしたシュガーアップル釈迦頭、普通は加熱して食べるというごっついバナナ、小さいバナナとデーツとレーズンも。

予定していた電車ではなく、バスに変更!

12時の電車に向けて出発。駅で尋ねると、残念ながらもう電車では行けないとのこと。
急遽バスに変更!
映画スタンドバイミーのような気分で、線路を渡りバススタンドへ向かいました。

すでに待っていたバスに乗り込み、最初に目指すは高地パヤヌールPayannur

一時間の激しいドライブ。

パヤヌールでランチミールス

到着したパヤヌールで、次のバスに乗る前に腹ごしらえしようということになり、町をウロウロ行ったり来たり。
結局バススタンドのすぐ近くにあった食堂に戻り、スペシャルミールス20ルピーを食べました。
パヤヌールのスペシャルミールス

エリマラビーチを散策

そしてまたバスに乗り込みエリマラビーチへ。
最寄りのバス停に到着。海も見えず、塩の香りもせず、本当に海があるの?という緑が広がります。

数100メートル下っていくと、白砂のビーチに出ました!
海も砂もキレイな、のんびりしたビーチ。

服のままで海へ

ビーチの大きな石の上に、魚が干されていました。
その先を見ると、ひっそりと一軒だけ家が建っていて、とってもいい雰囲気でした。

ビーチを歩いていると、途中から岩の壁のようなものがあり、進めなくなりました。
何とか進んでみようとしていると若者たちがやってきて、「そこから先は軍の施設で立ち入り禁止だから入ると捕まる」と教えてくれました。危なかったー。

反対の方面に向きを変え、ずんずん進んでいると、また岩で進めなくなりました。
今度の岩は自然の岩です。
よじ登ると、違うビーチが見えたので、そちらへ移動しました。

エリマラの漁師さん

ちょうど漁師さんたちが、漁から戻って来たところでした。
網を引き上げたり、舟を陸にあげるのをお手伝いしました。

いろんな家の敷地を抜けてバス停に戻る近道を教えてもらいました。
プチ探検。とっても楽しかったです。

17:30発のカヌールへの直通バスで戻ります。
途中からモンスーンの大雨が降ってきて、ガラスの無い窓に一部ビニールシートだけでは防ぎきれず、みんなびちょびちょに濡れました。

インド号の最新情報

インド旅本 第二弾!「INDIA is #2 "positioning"」販売中ストアで見る≫
+