ケララ州カヌール地区の奇祭テイヤムの見つけ方

最近お問合せをいただくことが多いテイヤム Theyyam。今回は、ケララ州で見る方法をいくつかご紹介します。

これまでも何度かご紹介しているテイヤムカレンダー には、数多くの予定が掲載されていてとても参考になりますが、掲載されていないテイヤムもいっぱいあるので、もし自分の行きたい日にテイヤムが無くてもまだ諦めないでくださいね。

インド国外から手配する方法

現地ツアーに申し込む

一番確実です。観光局でも取り上げられているテイヤムを日本で確実に見られるように手配するには、ツアーに申し込むのがいいでしょう。現地の旅行会社で取り扱っています。テイヤムカレンダーを提供しているTravel Kannurでのお申込方法を確認してみましょう。

  1. ツアーは、通常のテイヤムカレンダーではなく、Best of ..のカレンダーを参照します。
    Best of..のカレンダーを見る
  2. 行きたい日のテイヤムをクリックすると、詳細が表示されます。Description(説明)に記載のurlのページを開くと、そのテイヤムのイメージや地図などが表示されます。ここだ!というテイヤムを見つけたらContactに記載の連絡先へ。最寄りの宿の手配、交通手段、ガイド、通訳の手配や、撮影できるよう協力してもらえるそうです。不便なところにお寺があることも多いので、こちらを利用すると便利でしょう。

他にも「Theyyam Tour Package」で検索すると、たくさんの会社を見つけることができます。

宿の人に尋ねる

カヌールで滞在する場合は、その宿の人に聞いてみるといいでしょう。
友達の近所のお寺で…とか、ちょうど実家の近くで…など、結構見つかるものです。

現地で見つける方法

インフォメーションセンターで尋ねる

カヌール駅にトラベルインフォメーションがあります。
そちらでテイヤムについて聞いてみましょう。

宿の人に尋ねる

カヌールで滞在する場合は、その宿の人に聞いてみるといいでしょう。
友達の近所のお寺で…とか、ちょうど実家の近くで…など、結構見つかるものです。 日本から宿を手配していくなら、その時に前もって聞くこともできますね。 ただしテイヤムのためにその時だけ訪れるというパターンだと、他地域の方はテイヤムについて詳しくない可能性が高いです。

町中で出会った人に尋ねる

テイヤムの看板らしきものを発見したら、近くの人を捕まえて「テイヤム?」と聞いてみましょう。
月名はマラヤラム語表記でも、年と日は、アラビア数字で表記されているので日程の検討がつきます。看板の写真を撮っておくと、リキシャで向かう際など、何かと役立ちます。
できればお寺の名前は発音してもらい、言葉で言えるようにカタカナなどで書き留めておきましょう。

チラシを拾う

テイヤムのチラシ Theyyam flyer

テイヤムのチラシ Theyyam flyer

町中に時折落ちているチラシ。これを拾っておいて、誰かに聞いてみるのもいいでしょう。

新聞を覗く

ケララの新聞に乗っていたテイヤム情報

ケララの新聞に乗っていたテイヤム情報

新聞にも載っていたりします。英字新聞より、ケララカウムディなど地元新聞です。
見つけたら誰かに聞いてみましょう。 

カメラでの撮影について

基本的には、撮影しても構わないそうですが、2012年に一度、神様がこちらに近づいた時に「こちらを向いているときは撮ってはダメ」と注意されたことがあります。 2015年には、地元の人々もスマートフォンの利用率が上がり、かなりの人が写真を撮るようになっていました。神事なので、念のため近くにいる人たちに「フォト・シェーリー?(写真OK?)」と尋ねると居心地が良くなり安心です。

服装について

テイヤムを見に来た人々

テイヤムを見に来た人々

外国人は咎められることはないと思いますが、お寺なので大人はある程度きちんとした格好で行くのが望ましいです。神事なので、白地に金糸の入ったケララサリーで正装してくる方も多いです。若い男性はカジュアルな服装の人が多いです。

治安について

地域によってもだいぶ違います。夜のテイヤムは、とても幻想的で魅力が増しますが、2012年に行ったテイヤムでは泥酔している若者も多く、路上で大騒ぎしていたり、取っ組み合いの激しい喧嘩も起こっていました。2015年現在、だいぶ飲酒は厳しくなってきたようですが、それでも女性ひとりでは行かないでください。また、女性は特に人気の少ないところで一人にならないでください。地元のおばさんの近くにいると安心です。

時期が違う…それでも見たいあなたも大丈夫

どうしても見たいあなたにオススメなのは、ムタパンテイヤム Muthappan Theyyamです。
シーズンも宗教も問わず、いつでもパラシニカダヴという本山で見ることができます。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。
▶ ノンベジ・お酒も飲む神さまムタパン Muthappan 1:本山パラシニカダヴ

テイヤム関連記事

▶ ケララ州カヌール地区の幻想的なお祭テイヤムTheyyam 2015
▶ ノンベジ・お酒も飲む神さまムタパン Muthappan 1:本山パラシニカダヴ
▶ ノンベジ・お酒も飲む神さまムタパンMuthappan 2:人間から神様になるまで

インド号の最新情報

インド旅本 第二弾!「INDIA is #2 "positioning"」販売中ストアで見る≫
+