インド旅行に行くなら、必ず海外旅行保険に入ろう!

知らない土地で何かあったときのために、保険に入っておくと安心です。

海外旅行保険に加入が必要な理由

特に、山へ行く方は必ず入りましょう!
長旅で疲れた体は、ちょっとしたきつい場所でもすごく負担になることもあります。観光地として訪れることもある3000mという高度でさえ、体調を崩して最悪の場合、命を落としてしまうこともあるのです。
遭難した場合、ヘリコプターでの救助などにも適用されます。特別なものでなく普通の海外旅行保険で構いません。

インド号の田村は、保険が使えないアーユルヴェーダ病院に行くときも保険に加入しました。
その病院で保険が使えなくても、その施設にない設備で行う検査などが必要な場合、外部機関や西洋医学の病院で受けることがあります。そのとき、保険のある/なしは大違いです。実際、何かと病院にかかるのを目にしました。

保険があって良かった例

  1. 野犬に噛まれた生徒さんが、現地の西洋医学の病院に行ってワクチン接種を受けた
  2. 糖尿病を疑われた生徒さんが、試験機関で検査を受けた
  3. MRIを受けた生徒さんがいた

日本で還付が受けられる海外療養費制度

保険は高いです。長期になるとなおさらです。
実は、日本の健康保険は海外で医療を受けた場合に、後で一部支払いを受けられる海外療養費制度というものがあります。
ただし、出発前に準備が必要な場合があるので、下記のリンクで確認してください。

海外療養費 - 健保連 国保の海外療養費

海外療養費 – 健保連(左)国保の海外療養費(右)

クレジットカードに付帯している保険

クレジットカードに保険ついているみたいだから大丈夫!というのは、ちょっとキケン

なぜなら、補償金額がとても少なかったり、そのクレジットカードで旅行代金を支払った場合のみに適用される保険だったり、実際使う可能性の高い治療費用の補償はとても少なかったり、補償期間が短かったり、国内旅行のみに適用されるものだったりするのです。

それぞれのカードには特色があるので、行く前に必ずチェックしましょう。
各保険にはこんな約款を書いた書類が用意されているはずです。
ANAカード 旅行傷害保険のご案内

複数のカードを所有している場合、傷害死亡後遺障害はその中で一番高い金額が適用され、傷害死亡後遺障害以外は複数のカードの合計金額になるそうです。

インド号は、旅行保険が充実しているクレジットカードを用意して、そこに足したい期間や補償を単品で掛けています。
出発前に空港で掛けることもできます(羽田空港、成田空港、関西国際空港、中部国際空港)。詳細は保険会社にお問い合せくださいね。
損保ジャパンoff!
エース保険(マイルが溜まるANAの保険deマイル経由)

加入の前に!保険についてチェックしたいポイント

  • 「通訳の有無」

    体調悪いときは、少しでも楽な方が安心です。しかも、質問や指示が専門用語になるので、病院のシステムや言葉のわかる人がいてくれると安心です。

  • 「支払いの有無」

    病院に自分がお金を支払い、後で保険会社から自分の元へ振り込まれるのか?病院に自分が支払う必要はなく、保険会社が直接払ってくれるのか?

    海外では、医療費が高額になる場合があります。「手持ちがないから受けられない」では困ってしまうし、多額の現金を持ち歩くのも危ないです。

インド号の廣瀬は、ネパールでツーリストホスピタルという旅行者向けの病院へいきました。西洋人ドクターで英語が通じました。
保険会社が指定した病院だったため、支払いについても一円も必要ありませんでした。辛いときだからこそ負担が少ないのは助かります。病院へ行く前に加入している保険会社に確認しましょう。

現地で病院に罹る場合、保険会社指定の書類に記入してもらう必要があることがあります。
現地でいざ印刷しようにも、日本語フォントがインストールされてないので印刷できない!ということが多々あるので、日本を出発する前に、必要な書類等をあらかじめ確認して持参しましょう

保険料の目安 2015年

エース保険の場合

必要な補償だけを選択することはできませんでした。

エース保険の料金

損保ジャパンoffの場合

パック料金が表示されます。

損保ジャパンoffの料金 

「オーダーメイドでお選びいただく場合はこちらへ」というリンクを進むと必要な補償を選択できます。 

単体でかけた場合の表示

カード付帯では不足していた疾病死亡と疾病治療費用をかけました。
疾病死亡単体ではかけられず、必ず同額以上の傷害死亡・後遺障害が必要でした。
38日間で計6180円

インド号ポイント

自分だけでなく、日本にいる家族や周りの人に負担をかけないためにも、必要な準備をしましょう。安心な旅を!

インド号の最新情報

インド旅本 第二弾!「INDIA is #2 "positioning"」販売中ストアで見る≫
+