南インド・ケララ料理ガイド③:昼食編

食堂でミールスを食べてみよう!

バナナの葉に盛りつけられたミールス

いろいろ盛りつけてもらえてうれしいミールス。基本どこでも食べ放題。

外で食べるお昼ごはんの代表はミールスmealsという定食です。
定食といっても、内容を選ぶのではなく、本日の定食です。
選べるとしたらベジ(菜食)・ノンベジ(非菜食)、そしてお米の種類と食べる量。

いらないものは、盛りつけられるときに断ることもできます。

バケツに入ったカレーと、桶に入ったお米

バケツに入ったカレーと、桶に入ったお米。

ではまず、食べる前に必ず手を洗いましょうね。手洗い場は、大体お店の奥の方にあります。手ぬぐいなどを持っていると便利です。
いただくときは、右手を使いましょう。食後はまた手洗い、口をゆすぎます。指を入れてガシガシ手磨きする人もいます(男性)。

バナナの葉に盛りつけられたお米

まずはご飯を盛りつけます。何も言わないとたっぷり盛りつけられちゃいます。

カレーを持ってきた人4連バケツから、カレーやサイドディッシュを盛りつけているところ(左)

食堂でミールスを食べる場合、テーブルに濡れたバナナの葉っぱを敷かれることが多いです。
汚れを取るために、グラスのお湯かお水をちょっとかけて、ささっと洗います。
ステンレスの器のこともあります。その場合は、この洗浄作業は不要です。

バケツのようなステンレスの容器に入れて、お店の人が食べ物を運んできます。
お米の上にサンバルというお野菜たっぷりのカレーをかけてもらい、周りにはお野菜の料理が並びます。

ミールスが完成に近づきます

種類が増えてきました。待ちきれない!

パパダムも盛りつけ

パリパリのパパダムpapadamは、だいたいご飯の上に。

お店によって、味も内容も違います。
パパダムという揚げたおせんべいが載せられたり、自分でフィッシュフライという魚を追加オーダーしたりできます。
ラッサムという辛いスープがつくこともあれば、パヤッサムというお米をミルクで甘く煮たデザートがつくこともあります。

ケララカヌールでノンベジといえば、基本的に肉ではなく魚のカレーです。
より好きなお店はあっても、おいしくないお店に出会ったことはありません。

お湯を飲みます

アーユルヴェーディックウォーターの素 ピンクの水とお昼ご飯

アーユルヴェーディックウォーターの素パディムガム(pathimugam、ピンクの水)と、グルカルカラリの師匠のお宅のお昼ご飯

アーユルヴェーダが根付いている土地なので、飲みものはお湯が一般的
ときにはピンク色のお湯です。味がするものとしないものがあります。
血液をきれいにする作用があるので慣れるといいですよ。

ケララのビリヤーニを食べよう

お昼は、他にビリヤーニ(biriyani、ビリヤニ)も食べられます。
ミールスと比べると、お値段高めです。
エッグビリヤーニ、フィッシュビリヤーニ、チキンビリヤーニ、ベジタブルビリヤーニなどなど、こちらも種類が豊富です。
カヌール地域のビリヤーニは、他の地域とは使うお米が違うようです。

グルカルのお宅のチキンビリヤーニ

これまで一番いただいたグルカルのお宅のチキンビリヤーニ。何度食べても幸せ。

ドーム型ビリヤーニ

お店では、こんなドーム型にもよく出会います。

カラリのお弟子さん宅のビリヤーニ

カラリのお弟子さんのお宅でいただいたビリヤーニ

アーユルヴェーダ病院の院長先生のお宅のフィッシュビリヤーニ

アーユルヴェーダ病院の院長先生のお宅のフィッシュビリヤーニ

ビリヤーニを作りを手伝うカラリのお弟子さん アーユルヴェーダ病院の院長先生のお宅のフィッシュビリヤーニ

ビリヤーニを作りを手伝うカラリのお弟子さん(左)
アーユルヴェーダ病院の院長先生のお宅のチャトゥニ。ビリヤーニとよく合います。(右)

ビリヤーニも、どこもおいしいです。本当に。
とても手間のかかる料理なので、グルカルのお宅では、お弟子さんもお手伝いして作ります。
たくさん作るので、ご近所や親戚などいろんな人に振る舞ったりします。結婚式やお祝いの定番です。

その他にも、おいしいものいろいろあります

レストランに行くと、インド中華や北インド料理も食べることができます。
食堂ではお昼にチャイは飲めませんが、レストランでは飲めます。

インド中華のやきそば

奥が、インド風中華焼きそばです。

家庭では、カヌールの昔ながらの味タピオカフィッシュというタピオカ芋を練ったものに魚を載せたものや、庭のドラムスティックの木から収穫した葉っぱを使ったパッチャカリー、トマトカリーや、ジャックフルーツの種のカレー、バナナのカレー、小ガニのカレーなど、そのとき手に入るお料理が食べられます。

ケララの伝統料理タピオカフィッシュ

タピオカフィッシュは、最近はあまり食べなくなっているそうです

ケララのお昼ごはん

その時手に入るお野菜がいーっぱい。

合わせるのもお米のときもあれば、ドーシャやチャパティ、イドゥリーやプットゥ、アッパムやポロタなどバリエーションが豊富です。
ストライキなど、何かが起こると手に入る材料が限られ、メニューが変わります。

人参入りプットゥ

人参入りプットゥputtu

インド号ポイント

お店によっても、ミールスの種類はいろいろ。カヌールの中でも、お隣タミルナドゥ州の食堂もあります。いろんなお店で食べ比べてみるのも楽しいですね。
アーユルヴェーダでは、お昼がメインの食事です。お腹を空かせて、しっかり食べて、またいっぱい動きましょう!

関連記事

南インド・ケララ料理ガイド①:基本編
南インド・ケララ料理ガイド②:朝食編
南インド・ケララ料理ガイド④:おやつ・軽食編
南インド・ケララ料理ガイド⑤:飲みもの編

インド号の最新情報

インド旅本 第二弾!「INDIA is #2 "positioning"」販売中ストアで見る≫
+