キリ(Kizhi):ボールを使ったアーユルヴェーダマッサージ

キリ Kizhi とは?

インド号が作ったポディキリ

最近作ったポディキリ。晒布を活用。

昔々から伝わってきた数々のアーユルヴェーダマッサージ。
バリエーションの一つに、お団子状の用具を使うものがあります。

このお団子状(またはボール状)のものを、現地の言葉でキリ Kizhiと呼びます(英語では、Bolus bag ボーラスバッグ)。

キリの中身は、ある時はお米、ある時はスパイスなどのパウダー、ある時は薬草などさまざまです。
そのキリを、温めた煎じ薬、薬用牛乳、オイルなどに浸けてマッサージします。

ケララの伝統的なマッサージで、アーユルヴェーダ病院でもカラリパヤットゥの診療所でも、頻繁に用いられていました。

キリ Kizhi
持ち手付きの団子を使って行うアーユルヴェーダマッサージのこと。
発汗法の一つで、団子の中身は米、パウダー、薬草など。

はじめてのキリはタイ!?

はじめてキリのマッサージを受けたのは、アーユルヴェーダを学びにインドへ行くずっと前のこと。場所は、タイの涅槃寺 (ワット・ポー)でのことでした。
このお寺は、タイ古式マッサージ発祥の地として有名で、敷地内でマッサージを受けることができるのです。
マッサージ着に着替えて、古式マッサージと、蒸したハーブボールを使ったトリートメントの2種類を受けました。

タイのキリは、レモングラスなどタイハーブの良い香りがしていました。Amazonでも購入できます。

そのボールを使ったマッサージに再び出会ったのが、アーユルヴェーダを習いに行ったインド・ケララ州でのことでした。

そこにはタイマッサージセラピストも多く学びに来ていたのですが、それもそのはず、タイ古式マッサージの始祖はブッダの侍医も務めたインド人のアーユルヴェーダ医師ジーワカなのだそう。

インドから方方へと渡ったアーユルヴェーダ。その土地に合わせて変化しながら、続けられてきたのですね。

キリの種類

キリを使ったマッサージは、ケララマッサージと言われるほど、南インド・ケララ州では頻繁に登場します。
よく使うキリの種類は以下のとおり。

  1. ポディキリ Podi Kizhi
    中身は、スパイスなどパウダー。ポディ=粉
  2. ナヴァラキリ Navara Kizhi
    中身は、ナヴァラ米・牛乳・薬木などのお粥。ナヴァラ=お米の種類の一つ
  3. エラキリ Ela Kizhi
    刻んで炒めた薬草。エラ=葉

キリの作り方は、中身を作ったら、広げた布の中央に中身を置き、包んで紐で結んで取っ手のある形状にします。

アーユルヴェーダ病院とカラリパヤットゥの診療所では、キリの結び方も違います。それぞれ、師匠から弟子へと引き継がれたきた処方や作り方が存在します。

ポディキリ Podi Kizhi

中身は、乾燥生姜やディルなど、スパイスや根っこなどをパウダー状にし加工したもの。ポディは「粉」という意味です。
カラリの診療所では、打ち身や捻りなど外傷性の痛みの患者さんが多いため、痛みに良いとされるポディキリをいつも欠かさず用意しています。

ナヴァラキリは、薬効のすぐれたケララ特産の赤米ナヴァラと、牛乳などを煮込んだしっかりしたお粥。いかにも栄養がありそうな見た目で、牛乳の甘い香りが漂います。

皮膚疾患や滋養などにとてもオススメなので、連続マッサージに用いることが多いです。マッサージをした後、ボールを開いて中身のお粥を体や顔に塗ってくれることがあります。施術中は、体が冷えやすいです。

これまでアーユルヴェーダ病院でのパンチャカルマのとき、そしてアーユルヴェーダリゾートでの14日間の滋養トリートメント、カラリパヤットゥ師匠の14日間のトリートメントなどで、ナヴァラキリを受けてきました。パンチャカルマの時の模様はこちらです。
パンチャカルマ日記③:お米と牛乳のボールでマッサージ!ナヴァラキリ(ナバラキリ)Navarakizhi

エラキリ Ela Kizhi

エラキリは、ドラムスティックの葉っぱなどヴァータを減らす作用のあるものを刻み、ココナッツなどを足してオイルで炒めて作ります。
その様は料理そのもの!香りもおいしいので、作っているときに近くにいるのが好きです。

キリまとめ

患者さんの症状に合わせて処方されます。

キリは持ち手付きなのでマッサージがしやすいです。
インド号は、冬至の時はゆず、手に入った時は新鮮な米ぬかなどで作ったキリを入れてお風呂を沸かし、湯船の中でマッサージみたいな使い方をすることもあります。
ほどけてしまうとお掃除が大変!しっかり結びましょうね。

使ってみたい方は、生活の木で製品版が手に入ります。詳しい中身はわかりませんが、ニームの葉が入っていて、蒸して使うタイプです。

インド号の最新情報

インド旅本 第二弾!「INDIA is #2 "positioning"」販売中ストアで見る≫
+