アーユルヴェーダの基本②:アーユルヴェーダの分類 5大元素・ドーシャとは?

アーユルヴェーダを学ぼうとすると必ず出てくる基本のことば、5大元素とドーシャについてご説明します。

5大元素とは?

パンチャマハブータス Pancha mahabhutas पञ्च महा भूत
Pancha(5) + Mahabhutas(元素)
サンスクリット語で「5つの元素」という意味です。

「元素」という言葉から難しそうな気もしますが、物質とか要素とか、目に見えないけれど存在しているものというイメージです。言葉として覚えておきましょう。

空風火水地 くうふうかすいち

「くうふうかすいち」この言葉も便利なので覚えましょう。
漢字にすると、空風火水地。
5大元素とは、空・風・火・水・地の5つを指します。
世の中のすべては、この5つでできています。

空とは、空間のこと
風とは、風や流れのこと
火とは、熱や火のこと
水とは、水分のこと
地とは、かたまりのこと

想像してみてください。
わたしたちのいる場所は空間。そこに塊であるわたしたちがいて、その中には血などの水分が、風の力で流れていて、火が体温を調整していると。
人によっては、体が大きかったり、水分が多かったり、熱が多かったりしますよね。
時間によっても、そのバランスが変わるのです。
犬などの動物も、大気自体も、植物もみんな同じ。みんな常に変化しています。

環境が変わると、もちろん自分の中も影響を受けます。
そんな風に、自分の外や中の5大元素のバランスや、力のやり取りを行いながら、わたしたちは生きています

ドーシャとは?

ドーシャ Dosha दोष
サンスクリット語で「生命のエネルギー」という意味です。

ドーシャ(Dosha)は、5種類の元素→3種類のドーシャへと分類をシンプルに進化させたものです。
3はトリ(Tri)と言い、3種類のドーシャでトリドーシャとも呼びます。
日本では、ドーシャを体質と訳すことが多いのですが、わたしのイメージでは、5大元素と同じく、ドーシャも世の中に存在する元素(要素)です。

元の5大元素と3種類のドーシャへと、どのように分類が進化したのか見てみましょう。

空+風=ヴァータ(Vata)
火=ピッタ(Pitta)
水+地=カファ(Kapha、カパ)

5大元素と同じように、わたしたちはトリドーシャすべてで構成されています。
一人一人、バランスが違うだけ。

元のあなた「プラクリティ」と今のあなた「ヴィクリティ」

生まれたときのトリドーシャのバランスを、プラクリティPrakrti、プラクルティと呼びます。
そして、環境や食事や生活などで変化したバランスを、ヴィクリティVikruti、ヴィクルティと呼びます。

先天的 プラクリティ(Prakrti、Prakriti)
後天的 ヴィクリティ(Vikrti、Vikriti)

プラクリティがベストバランス

生まれた瞬間のドーシャバランスであるプラクリティが決定する要素は4つです。

  1. お父さんのドーシャ
  2. お母さんのドーシャ
  3. お腹の中で育ったときの環境
  4. 生まれた季節

アーユルヴェーダでは、生まれた瞬間でなく、生命が芽生えた瞬間(精子と卵子が受胎した瞬間)から人生のはじまりです。

不調の時は、元々どんな性質を持っていて、その後なにが影響して、どのような症状が出ているのかという、原因と要因と結果を知ることが大切なのです。

自分のことを知る大事な一歩「ドーシャチェック」をしてみましょう

あなたのトリドーシャバランス(プラクリティとヴィクリティ)を検討つけてみましょう。

これはかんたんなチェック表です。自分が今どんな状況であるか、小さなことを客観的に見ることができているかなど、いろんなことが結果に影響するので、今回の結果が絶対ではありません。季節や食前食後、悩みなどによっても、自分から出てくる答えが変わるので、目安として楽しんでくださいね。

ドーシャ名 ヴァータ
Vata
ピッタ
Pitta
カパ
Kapha
苦手な気候は? 寒くて乾燥した日 暑い日 寒くて湿った日
体型は? 痩せてます。身長はとても高い/低いです 普通くらいです
筋肉がつきやすいです
骨太です
大柄です
食欲は? 空く時、空かない時の差があります。 突然お腹が空きます。空腹状態には耐えられません。 安定しています。食事を抜いても平気です。
排便は? 便秘がちで、小さくて固い便です。ガスが出やすいです 下痢がちで、柔らかく、ひりひりする時もあります。 量も普通で、しっかりした固形です。
便秘や下痢にはほとんどなりません
爪は? 乾燥しがちで、薄く欠けやすく、もろいです。 ピンクがかっていて、柔らかいです。 白くて厚みもあります。
唇の状態は? 唇が薄く、乾燥しがちで、ひび割れたりします。 普通の大きさで、ピンクがかっていて柔らかいです。 厚くぽってりとしていて滑らかです。
睡眠は? 眠りは比較的浅い方です。短くても大丈夫です。 普通に眠れます。7〜8時間くらいが丁度いいです。 眠りが深く、ずっと寝ていたいです。
どんな夢を見ますか? 飛んでいたり、不安になるような夢です。 喧嘩していたり、戦っていたり、色のついた夢です。 ロマンチックな落ち着いた夢です。
他の人と話すときは? 自分からよく話します。おしゃべりだと言われます。 しゃべりもするし聞きもしますが、時々強い口調で話してしまいます。 大体聞き役です。
記憶力は? 人より覚えるのが早いのですが、すぐ忘れてしまいます。 集中している時の記憶力は抜群です。 覚えるのに時間はかかりますが、一度覚えるとなかなか忘れません。
どうしようもない状況のときは? 不安や心配でいっぱいになってしまいます。 イライラして我慢ができなくなってきます。 考えないようにします。
合計

結果の見方

一番数が多いドーシャはどれでしたか?
ダントツで一つのドーシャが多かった場合、その一番多かったドーシャのところだけチェックしてください。
2つもしくは3つとも同じくらい多かった場合は、それぞれ多かったものをチェックしましょう。

ヴァータが多かった場合
身体的特徴:
バランスが取れている時は、元気いっぱいで活動的です。
バランスが崩れると、乾燥肌になったり、お腹がガスっぽくなったり、便秘がちになったりします。腸、骨、腎臓、神経に気をつけて下さい。
精神的特徴:
バランスが取れている時は、元気で、順応性があり、創造力が豊かです。
バランスが崩れると、不安や心配がちになったり、神経質になってしまったり、恐がりになったりすることもあります。
対処法:
ゆったり過ごしたり、きちんと睡眠を取り、体を冷やさないようにしましょう。オイルマッサージをやってみましょう
ピッタが多かった場合
身体的特徴:
バランスが取れている時は、強く運動能力があります。
バランスが崩れると、湿疹などの皮膚疾患、アレルギー、眼病、潰瘍、下痢などになりやすいです。肝臓、膵臓、腎臓、膀胱にも気をつけて下さい。
精神的特徴:
バランスが取れている時は、目標に向かって活動し、温かく快活で、リーダーシップを発揮します。
バランスが崩れると、キレやすくなったり、イライラしたり、批判的になります。
忙しく精力的に動き回り、休養をおろそかにしてしまう傾向にあります。
対処法:
イライラし始めたら、涼しい水辺で過ごしたり、月光浴を楽しみましょう。夜寝る前の牛乳もオススメです。
カパが多かった場合
身体的特徴:
バランスが取れている時は、健康で丈夫です。
バランスが崩れると、太ったり、コレステロールが高くなったり、むくみやすくなります。肺、副鼻腔、呼吸器官にも気をつけて下さい。
精神的特徴:
バランスが取れている時は、誠実で、落ち着きがあり、我慢強く、優しく、慈悲深いです。
バランスが崩れると、怠けたり、独占欲が強くなったり、物欲が強くなりがちです。
対処法:
食べ過ぎに気をつけて、物を捨てたり、掃除をしたり、早寝早起きしましょう。

では小さな頃を思いだして、もう一度チェックしてみましょう。
結果は違いましたか?
ずば抜けて増えているものがあったら、それは今あなたを乱しているドーシャです。そこに書かれている不調に気をつけてくださいね

次は、わたしたちの体を構成している「ダートゥ」と、食べものから体が作られる仕組みについてご説明します。アーユルヴェーダの基本③:体を構成するダートゥと食べものが体になる流れとは?

関連記事

アーユルヴェーダの基本①:インドの伝統医学アーユルヴェーダとは?
アーユルヴェーダの基本③:体を構成するダートゥと食べものが体になる流れとは?
アーユルヴェーダの基本④:バランスの取り方のヒント!20種類の性質グナとは?
アーユルヴェーダの基本⑤:6つの味ラサとは?

インド号の最新情報

インド旅本 第二弾!「INDIA is #2 "positioning"」販売中ストアで見る≫
+