たのしい・おいしい・韓国ソウル旅

大都市でありつつ、そこかしこに市場があって楽しい韓国旅行の記録です。

市場

ご飯がたのしい広蔵市場

広蔵市場の緑豆チヂミ屋さん 広蔵市場そろそろ人が集まってくるころ

おいしそうな緑豆チヂミ屋さんはこの市場の名物。
そろそろ人が集まってくる時間になりました。

広蔵市場クァンジャンシジャンには、いろんなお店がズラリと並んでいます。緑豆のチヂミや、その場で麺を打つうどん屋さん。
これまでそんなにおいしいと思わなかったトッポギが、こちらで食べて大好きになりました。
韓国海苔巻きのキンパにチャプチェ。具無しのおでんスープでとても温まります。

広蔵市場のトッポギとキンパとチャプチェ広蔵市場のトッポギとキンパとチャプチェ

広蔵市場のおでんやチャプチェの屋台おでんやチャプチェの屋台

 

小さなキンパ小さなキンパ

おでんにお刺身が並んでいたり、インスタントコーヒーが売ってたり、輸入菓子や韓国の伝統菓子があったりと、ごちゃごちゃ賑やかで楽しいです。
周りにはたくさん生地屋があり、買ってきたリネンの布で肌掛けや枕カバーを作りました。
隣の東大門市場には、手芸用品や材料のお店がずらりと並んでいて、何か作りたくなります。

いろいろなお豆いろいろなお豆

乾物いっぱい中部市場

中部市場でお買い物雨の日に中部市場でお買い物

中部市場の乾物ずらりと並んだ乾物

 

中部市場チュンブシジャンは、乾物の宝庫です。カワハギの干物、太刀魚の干物、干し鱈、ナッツ類、キムチに明太子(韓国から福岡に伝来)などなど。
キムチや明太子は、お土産用にタッパーで入れてラップでグルグル巻いて、汁や匂いが漏れないようにしてくれるので飛行機でも安心です。
廣瀬が小さな頃からよく食べていたというカワハギの干物はとても手軽でおいしいので、田村家でも定番になりました。お土産にもとても喜ばれます。

中部市場。太刀魚もいっぱい。銀色に輝く太刀魚もたくさんいました。たのしいです。

黄鶴洞厨房家具通り・ソウル中央市場

ソウル中央市場ソウル中央市場

大好きな合羽橋道具街の韓国版と言われる黄鶴洞厨房家具通りに行きました。
厨房関係の道具や、椅子や焼き肉台、お皿などがたーくさん売っています。
通りの半ばでソウル中央市場を発見したので入ってみました。。
鮮魚に野菜、乾物におでんなど、生活に密着したものがたくさん売られています。
市場の真ん中辺りで、丁寧に丁寧にホットッを焼いているお店がありました。横にある生地がふわっふわで、目を奪われてしまいました。

ホットッをプレスする器具とアルマイトお弁当箱ホットッをプレスする器具とアルマイトお弁当箱

ふわふわの生地を焼いているところふわふわの生地を焼いているところ

 

2度目のソウルは寒い季節だったので、ホットッを食べてみたいと思っていました。
でも、油っぽいとも聞いていました。でも、このふわふわ生地のは全くそんな感じがしません。お腹があまり空いていなかったので、一旦保留にして、市場巡りを続行しました。

大通りに出たところに、別のホットッ屋さんがありました。そこでは油をたっぷり使ってぎゅーぎゅー押して作っていました。「これが油っぽいやつなのね」と思い、ふわふわ生地のお店へ戻りました。
少し溢れた蜜の部分に生地を足して、またやさしく焼いてと、丁寧に丁寧に作っています。想像通り、生地が軽くておいしかったです。

自分でも作ってみくなってホットッをプレスする器具と、レトロなアルマイトのお弁当箱を買いました。

ごはん・おやつ

屋台や食堂やレストラン。食べるところがいっぱいのソウル。

夫の取引先の現地の方に情報求めたら、いくつか教えてくれたのですが日本人がたくさん来ているところ=おいしいお店という認識なんだそうです。日本人の探求力はすごいです。

タッカンマリ(鶏鍋)

夫が現地の会社の社長さんに連れて行っていただいたタッカンマリタクハンマリ・鶏肉の鍋屋さんはおいしいので、1度目も2度目も行きました。

広蔵市場クァンジャンシジャンと東大門市場トンデムンシジャンの間は、タッカンマリのお店と焼き魚のお店がいっぱいです。
お鍋の湯気や道ばたで魚を焼く煙で、よい香りが漂っています。
その中でも社長さんが長年通っているというお店が陳元祖補身タッカンマリ

陳元祖補身タッカンマリ陳元祖補身のタッカンマリ

元のスープは辛くなくて、自分好みでタレに入れる辛みの量を調節すればOKなので、辛い物好きも苦手な方も大丈夫です。
スープは漢方をたっぷり使ってるというイメージと違って、純粋においしくてまろやか。具は、ダイナミックに入った柔らかい鶏・じゃがいも・えのき・葱。
唐辛子、醤油、酢、辛子という組み合わせがおもしろいタレに付けながら食べると最高です。最後にうどんを入れて締めれば大満足。

焼き肉

茶イヤギの焼き肉と竹筒ごはん茶イヤギの焼き肉と竹筒ごはん

1度目の焼き肉1度目の焼き肉

 

ライトアップされた清渓川

1度目の韓国では、「日本で食べる焼き肉の方がおいしい」と思ってしまったのですが、別のお店でもチャレンジしてみることにしました。ホテルから歩いてすぐの仁寺洞にある竹筒に炭やなつめや豆などを入れて炊いたご飯やお肉やおかずをいろんな種類の葉っぱで包んで食べる茶イヤギに行ってみました。
お客さまは全員地元の方で、焼き肉が大好きな夫も、包んで食べるのが大好きな私も大満足のおいしさでした。またぜひ行きたいです♪

満腹になって、町中を流れる清渓川沿いをお散歩しました。
ライトアップされた川では、家族連れやカップルがたくさんくつろいでいました。

ソルロンタン

汁物好きにうれしい韓国です。
朝ご飯に、白くて辛くない牛のスープのソルロンタンが染み渡ります。辛みは、キムチで調節可能です。

里門ソルロンタン里門ソルロンタン

鍾路ソルロンタン鍾路ソルロンタン

 私の好みは鐘路ソルロンタンです。大根キムチが、大きな半月切りでワイルドです。
同じメニューでも、お店によってスープの色も味も全然違いました。

チヂミ

ヨルチャチッの牡蠣チヂミと緑豆チヂミヨルチャチッの牡蠣チヂミと緑豆チヂミ

ヨルチャチッの緑豆チヂミと牡蠣チヂミも好きでした。地元のおじさんが数名飲みに来ていました。
緑豆は、味も大好きですが、アーユルヴェーダの中でも消化しやすくてとてもおすすめの食べ物なので、つい食べたくなってしまいます。チヂミと一緒に食べる、牡蠣の塩辛や生玉ねぎがよく合います。

お粥

お粥お粥

お粥は、とっても楽しみにしていたのですが、あまり…でした。3人それぞれ違う種類を頼んだのですが、どれも…でした。残念!!
また今度、別のお店でまた試してみたいと思います。

 

伝統茶と餅菓子

仁寺洞の伝統茶院

仁寺洞の伝統茶や餅菓子の伝統茶院は、広い敷地に古い建物でとってもステキ。
喧噪から離れてのんびり過ごせました。
それぞれ味を想像しながら選んだお茶は、甘いのも甘くないのもあっておもしろかったです。お菓子の盛り合わせもいろいろ試せて幸せです。

道ばたの楽園餅屋では、もちもち系のお菓子を買いました。

 

ジルシル本店の伝統菓子とお茶ジルシル本店の伝統菓子とお茶

楽園餅屋の伝統菓子楽園餅屋の伝統菓子

 

餅博物館も併設するジルシル本店は、置いてあるお菓子の種類は少なめでした。時間が合わなかったのかもしれません。
外国人のお客さまや、結婚式用?と思われる大きな詰め合わせを買いに来た地元の新婚さんなどが来ていて、お店の方が布でラッピングしていたのですが、とっても美しかったです!
日本語OKの店員さんもいました。
価格は忘れましたが、↑このくらい頼むと、2階の餅博物館の入場が無料になるそうです。

パッピンスかき氷

パッピンスdoota!のBEANS BINS COFFEEでパッピンスかき氷

ファッションビルのドゥータdoota!には、洋服、雑貨、スポーツ用品などのお店がいっぱいで、各階にカフェがあるのがうれしいです。
夏はBEANS BINS COFFEEで3人で大きなパッピンス(かき氷)をつつきました。冬は、パッピンスではなくてホットッでした。

 

スターバックスコーヒー

ハングル文字のスタバハングル文字のスタバ

朝ごはんを食べにイビス アンバサダー ソウル 仁寺洞から鐘路ソルロンタンへ向かう途中、スタバstarbucksを発見。色はスタバなのですが、表記がハングルなので、一瞬わかりません。
朝から仕事に向かう人々が、いっぱい吸い込まれていきました。

 

ホテル

ホテルPJ

1度目は、3人部屋のあるホテルPJのプレミアトリプルに滞在。
3つのシングルベッド+座敷で、のんびりできました。
立地も地下鉄2・3・4・5号線の駅が徒歩圏で、中部市場も近くにあって、とても便利です。
ホテルPJの価格や設備をチェックする

イビスアンバサダーソウル仁寺洞

鐘路三街の住宅街2度目はオープン直後のイビスアンバサダーソウル 仁寺洞へ。
地下鉄5号線の鍾路3街駅から、石畳の住宅街を抜けてすぐです。
ホテルの周りには、コンビニもコーヒーショップも、ご飯のお店もいっぱいで便利でした。
お部屋(特にシャワールーム)はこじんまりしていますが、ベッドの寝心地はとても快適で、Wifi環境も整っています。
イビス アンバサダー ソウル 仁寺洞の価格や設備をチェックする

インド号の最新情報

インド旅本 第二弾!「INDIA is #2 "positioning"」販売中ストアで見る≫
+