まとめ:インド各地の仏塔(ストゥーパ)

仏塔(ストゥーパ)とは?

ストゥーパ

仏塔は、サンスクリット語でストゥーパ、チベット語でチョルテンといいます。
日本語での正式名は「仏舎利塔 ぶっしゃりとう」といって、ブッダ(仏)の遺骨(舎利)を納められている塔のことです。日本の五重塔や三重塔も同じ役割をもっています。

仏塔は国や場所、つくる人によって、かたちはさまざま。ネパールのストゥーパは半円の上に四角が乗っていて、そこに目が描かれている姿がとても多いです。どこにいても見守っているよ、というブッダの目(ブッダアイ)です。

ブッダへのありがとうの想いをこめて、人々が手作りした小さなストゥーパもあちこちにありますよ。

ブッダアイ、いろいろ

ルンビニの入り口ブッダが生まれたルンビニの門の上にもブッダアイ

ネパールのボダナートボダナートのストゥーパ。ネパール印のブッダアイ。

スワヤンブナートのストゥーパブッダアイも個性があって、カワイイ。

エベレスト街道の仏塔ダルマさんのようなかたち

エベレスト街道の仏塔お供えされたカタ(白い布)がスカーフみたい

カトマンドゥの街中にあったストゥーパブッダアイに見守られながら、野菜を販売

スワヤンブナートのストゥーパスワヤンブナートのストゥーパ

町中のストゥーパ

ラダック レーの入り口レーの町の入り口には、大きな仏塔がお出迎え

ラダック レーのマーケットレーのマーケットの仏塔。お店に囲まれてにぎやか。

仏塔

レーの町の入り口

仏塔

仏塔

建物の2階にチョルテン!建物の2階にチョルテン、
1階にはマニ車

ブータン ヨトンラ峠の仏塔ブータン ヨトンラ峠は、道の真ん中にチョルテンが建っています

ラダックの手作り仏塔ラダックの道の途中。全部、てづくり。

お寺のストゥーパ

ブータンの仏塔豪華!3階建てのチョルテンです

レーのチョルテン

仏塔

仏塔

ブータン クジェラカンの壁ブータンのクジェラカンの壁には、ずらりとチョルテンが建っています

ブッダガヤのストゥーパ

ブッダガヤのストゥーパ

ブッダガヤのストゥーパ

門の上の仏塔門の上に乗った仏塔

仏塔

サールナートのダメクストゥーパサールナートのダメクストゥーパ

スジャータ村のストゥーパスジャータ村のストゥーパ

ブッダの荼毘塚に建てられた仏塔ブッダの荼毘塚に建てられた仏塔

ナーランダ大学の仏塔仏跡、ナーランダ大学の跡地にある「サンクスストゥーパ」

仏塔

サンクスストゥーパ

仏塔

ラダックのお寺の仏塔

ラダックのお寺の仏塔

ラダックのお寺の仏塔

ラダックのお寺の仏塔

ラダックのお寺の仏塔

ラダック アルチゴンパ窓があいているので、中に光が差し込みます

ラダックのお寺の仏塔

スワヤンブナートの敷地にあるたくさんのストゥーパ

ティンプーのメモリアルチョルテンブータンの首都ティンプーにあるメモリアルチョルテン

ブータンのチョルテンブータンのチョルテンは家みたい

仏塔

仏塔

ツァツァお墓がないブータンではツァツァといって、遺骨をこうして仏塔のかたちにして
お寺にもっていきます。魂を自然に還すようです

チョルテン時計お堂の中に、時計になっているものもありました

山道でみつけたストゥーパ

エベレスト街道のストゥーパ

エベレスト街道のストゥーパ手前には細かく彫られたマニ石も

エベレスト街道のタンボチェエベレスト街道のタンボチェ(3867m)には、大きな僧院があります

ラダック山道の仏塔

エベレスト街道の仏塔

エベレスト街道の仏塔

ナムチェバザールナムチェバザールの入り口には仏塔

マニ車と仏塔の合体パターン裾にはマニ車。このコンビ、よくあります

仏塔

峠にストゥーパとタルチョ峠にあるストゥーパには、タルチョを結んで風にたなびかせます

仏塔

仏塔

仏塔

仏塔

ラダック山道の仏塔

エベレスト街道の仏塔

エベレスト街道のお墓石を積み重ねた塔は、山で亡くなった人への弔い

ラダック 山道の仏塔

ラダック 山道の仏塔おしまい

インド号の最新情報

インド旅本 第二弾!「INDIA is #2 "positioning"」販売中ストアで見る≫
+