まとめ:祈りをこめた5色の旗、タルチョいろいろ

タルチョとは?

タルチョ

タルチョは、チベット仏教圏で大切にされる、お経が書かれた五色の旗です。ルンタとも呼ばれます。

タルチョの真ん中には馬タルチョの真ん中には馬が描かれています

旗の真ん中には馬が書かれていて、この馬が風にはためいて、遠くまでお釈迦さまの教えが届きますように…という願いがこめられています。風に乗って、広い空を馬が駆け回る…。天馬のようなイメージです。

「風にはためく」ということが大切なので、風の通り道にかけられます。家の屋上や、特に多いのは峠や橋などに多くみられます。

ラダックに着いて、はじめてタルチョをこの目でみたとき、遠く離れたインドからアジアの端っこ日本まで、ブッダの教えは本当に届いたんだなぁ…とすごく感動しました。

町中のタルチョ

ラダック レーの町のタルチョ

ラダック レーの町のタルチョ2

ラダック レーの町のタルチョ3

ラダック 町のタルチョ

ラダックのタルチョ

ラダックのタルチョ

ラダック レーの町のタルチョ4

おうちの上のタルチョ

家の上のタルチョ

タルチョ アップ

ラダック レーの町のタルチョ5

おうちの上のタルチョ屋根の上にもタルチョ。もしゃもしゃしてるのは、冬の間の家畜ごはん。

家畜のえさとタルチョ

タルチョ

お寺・仏跡のタルチョ

お寺の入り口タルチョ

タルチョ

ルンビニのタルチョブッダが生まれたルンビニ。仏跡はタルチョの数も大量!

ルンビニのタルチョ

ラージギルのタルチョ

ラダックのタルチョ

ブータン タクツァン僧院のルンタ

仏さまが描かれたタルチョ馬ではなく仏さまが描かれているタルチョも。

ブータン タクツァン僧院のルンタ

グルリンポチェのルンタこれはグルリンポチェバージョン

タルチョ

お寺への登り口にもタルチョ

聖水にかけられたタルチョ聖水が湧き出る場所にも
タルチョがかけられています

ネパール ルンビニのタルチョ

ラージギルのタルチョ

ブータンのルンタ

タクツァン僧院のルンタブータンのタクツァン僧院。長いながーーいタルチョが風になびいています

ラダックのタルチョ

ラダックのタルチョ

ラダックのタルチョ

ブータンのタルチョ

タンボチェのタルチョエベレスト街道タンボチェの僧院の前にも、たくさんのタルチョ

川にかけられたタルチョ

タルチョインダス川に沿ってタルチョをかけます

ブータンのルンタ

ブータンの橋にかけられたルンタ

BURNING LAKEの橋にかけられたルンタ

橋にかけられたルンタ

エベレスト街道の川にかかったタルチョ

エベレスト街道の橋

峠のタルチョ

ラダックの峠のタルチョ

ラダックの峠のタルチョ

ラダックの峠のタルチョ

ブータン チェレラ峠のタルチョブータン チェレラ峠にはタルチョとダルシンがいっぱい

ネパール エベレスト街道 トクラ峠のタルチョエベレスト街道 トクラ峠。吹雪の中でウェルカムゲートのように見えました

ラダック 峠のタルチョ

ブータン ヨトンラ峠の凍ったタルチョブータン 真冬のヨトンラ峠。タルチョも凍るほどの寒さ!

ブータン ヨトンラ峠の凍ったルンタ

ブータン ヨトンラ峠の凍ったルンタ

山のタルチョ

ブータンのルンタ

エベレスト街道のタルチョ

エベレストベースキャンプ氷河の上にあるエベレストベースキャンプ(約5300m)

エベレスト街道 ディンボチェのタルチョ

エベレスト街道のタルチョ

エベレスト街道のタルチョ

エベレスト街道のタルチョ

エベレスト街道のタルチョ

ブータン 木にくくりつけられたルンタ

縦長のタルチョ

タルチョ

タルチョ縦

タルチョ縦

タルチョ縦

タルチョ縦

タルチョ縦

これまで紹介してきたかたちとはちがう、縦長のタルチョもあります。

一本ずつちがう色の旗を立てて、五色のタルチョを表すものもあれば、白い旗もあります。

白い旗は、この次に紹介する「ダルシン」ともよく似ていますが、よく見るとタルチョには五色の色がついています。

役割は他のタルチョと同じです。

ダルシン

ブータン クジェラカンのダルシン

ブータン クジェラカンのダルシン2

ブータン チェレラ峠のダルシン

ブータン チェレラ峠のダルシンとタルチョ

ブータン チェレラ峠のダルシンとタルチョ

ブータン ブムタンのダルシン

ブータン チェレラ峠のタルチョとダルシン

ブムタンで古い旗を持つインド号いくみ

ダルシンは、真っ白い旗(ダル)に細かくお経が書かれています。亡くなった人へ捧げるもので、ダルシンの軸にメッセージが書かれていることもあります。お墓の文化がないブータンでは、108本立てて供養するんだそう。

ブータンのおうちに滞在していたときには、ダライラマ法王の誕生日の日に村のダルシンの旗を新しくするのをお手伝いさせてもらいました。旗はお坊さんに法要・浄化してもらったものなので、大切に大切に扱います。

わたしが抱えているのは、古くなった旗です。

インド号の最新情報

インド旅本 第二弾!「INDIA is #2 "positioning"」販売中ストアで見る≫
+