アーユルヴェーダの基本①:インドの伝統医学アーユルヴェーダとは?

アーユルヴェーダとは?

アーユルヴェーダAyurvedaは、今から約5000年ほど前からインドで伝えられてきた伝統医学であり、誰もが自由に使うことのできる元気のヒントです。

アーユルヴェーダ Ayurveda आयुर्वेद ആയുർവേദം

Ayus(生命=肉体+感覚器官+心+魂) + Veda(科学、知識)

サンスクリット語で「生命の智慧」「生命の科学」「生命に関する知識」という意味です。


Q. 5000年前の日本ってどんな国?

A. 縄文時代の終わり頃です。
縄文時代の人々は、水田でお米を作り、ヒエ、アワ、クルミ、栗、アーユルヴェーダで豆類の中で一番良いと言われる緑豆、エゴマ、ソバ、そして漁によって様々な魚や貝類、猟によってイノシシやキジなどの肉類、そして調味料として醤(ひしお)、塩、甘草(かんぞう)、お酢、魚醤、酒、山椒、わさびなどを使用していたようです。充実した食生活が目に浮かびますね。
ニワトコ(接骨木)という植物を使った湿布療法もあったようです。それは、今日でも漢方などで使用されているそうです。日本でもその頃独自の治療法があったのでしょう。

アーユルヴェーダの由来

当時のインドは、今のわたしたちと同じように病気や死について苦しんでいました。
苦しんだ人々は、心の底から強く強く救いを求め、神さまからアーユルヴェーダという知恵を授かりました。

【お願いした経路】

苦しんでいる人々

聖者ダクシャ・プラジャパティDaksha Prajapathi

神さま①宇宙の創造主ブラフマンBrahma, 梵天

【お伝えした経路】

神さま①宇宙の創造主ブラフマンBrahma, 梵天

聖者①ダクシャ・プラジャパティ

神さま②神様たちを治す医者アシュウィニ兄弟Ashwini

神さま③神さま界のリーダー インドラIndra, 帝釈天

インドラの4人の弟子たち:
[内科]アートレイヤAtreya、バーラドゥワジャBharadwaja
[小児科]カシャヤパKashyapa
[外科]ダンワンタリDhanwantari

アーユルヴェーダは、医学でもありますが、一人一人の生きることの指針です。
基本となる古典には、生活の送り方や、バランスの取り方、体質の分類などについて書いてあります
それは、住む場所も、属している国も、信じている宗教も、年齢も一切関係なく、誰もに役立つ基本的なことです。
眠る・食べる・活動して出す。
どの時代でも、どの国でも、どの環境の人も、生きものたちが、みんなやってきた大切なことです。

生活習慣にしてみましょう

アーユルヴェーダは、自分の不調に早く気づけたり、ちょっとした不調であれば生活の中で整えたり、元気を増やしていけるように使うことができます
自分にとって、一番近いお医者さんのような存在になる。自分はいつも一緒なので、少し安心でとても便利です。

アーユルヴェーダは、何千年もの間、役立てられてきました。
古くからの伝統が今もたくさん残っている土地ケララ州には、アーユルヴェーダもたくさん残っています。
学んだわたしから見るとアーユルヴェーダ!と思う習慣でも、ただ目上の人たちがやってきたことを続けている本人にとってはただの習慣なのです。

アーユルヴェーダは、基本的には特別なものでも難しいものでもありません。
体がよろこぶ習慣、心がちょっと楽になる考え方。そんな知恵が詰まっています。

生活をインド風にするということではないので安心してくださいね。
インドで考えても、広大な土地です。その中に、山の上の乾燥した寒い土地や、湿地帯、ケララの様な南国などさまざまな環境が入り交じっています。
暮らしている民族も多様で、言語や文化も違います。
アーユルヴェーダはインド発祥で、インドで伝えられてきましたが、インド国内に留まらず仏教伝来と共に近隣諸国にも届き、その土地の自然や環境と結びついて発展しています。

アーユルヴェーダのいいところ

予防が大切

普段、病院へ行っても病名がわからないとか、レントゲンや数値から問題がないと言われてしまうことがあります。
そういう経験をすると、耐えられない程の状況になるまでは病院に行かず我慢してしまったり、以前何でもないと診断されてしまったからと再度病院へ行くのを躊躇してしまったりしますよね。

アーユルヴェーダでは、不調を訴えて病院に行くことは恥ずかしいことではありません。
アーユルヴェーダにとって、不調とは病気の前の状態
健康は、病気じゃないことではなく、不安や痛みがなく、心がすっきりしていて、人のために動けるような状態。
不調の時点で、健康→症状が出ていない→何らかの症状が表れた→病気→長引くという流れの途中へと進んでいるのです。
だからこそ、アーユルヴェーダでは予防をとても大切に考えています。
かかる前に、かからないようにする
その方が問題が小さく済んで楽だと思いませんか?

自然と寄り添う

アーユルヴェーダは、5000年ほど前から使われてつながれてきたものです。
自然をたくさん使うので、自然を守ることもすごく大切になってきます。
お薬の材料が無くなり、心や体に悪いことが増えてしまうからです。
お薬に関して言えば、現代の科学では、証明はされていないかもしれませんが、機械による数字的な証明よりも、何千年も使われてきたということ自体がずっとずっと信頼できる証明だと思っています。
これまで長く使わせてもらってきたように、これからも長く使わせてもらうためには、今必要以上に摂りすぎないことが必要不可欠です

他の医学との相性Good!

アーユルヴェーダは、生活に取り込んで長く続けるのがおすすめです。
予防や元気にすることが得意なので、西洋医学との組み合わせも相性がいいと思うのです。
どちらか一方!と決めずに、アーユルヴェーダか西洋医学か、はたまた違う方法など、得意なものを得意なものが補いあえば、選択肢が増えて、自分なりの元気への道へと進みやすくなるでしょう。

次は、アーユルヴェーダの基本となる考えかたである「5大元素やドーシャ」についてご説明します。アーユルヴェーダの基本②:アーユルヴェーダの分類5大元素やドーシャとは?

関連記事

アーユルヴェーダの基本②:アーユルヴェーダの分類 5大元素・ドーシャとは?
アーユルヴェーダの基本③:体を構成するダートゥと食べものが体になる流れとは?
アーユルヴェーダの基本④:バランスの取り方のヒント!20種類の性質グナとは?
アーユルヴェーダの基本⑤:6つの味ラサとは?

インド号の最新情報

インド旅本 第二弾!「INDIA is #2 "positioning"」販売中ストアで見る≫
+