アーユルヴェーダの基本④:バランスの取り方のヒント!20種類の性質グナとは?

20種類の性質グナ Gunaとは?

アーユルヴェーダでは、この世界の質は「重い ↔ 軽い」のように、相反する組み合わせで10組20種類あります。

重い 軽い
遅い 速い
冷たい 熱い
油っぽい、すべすべ 乾燥
滑らか 粗い
固体 液体
軟かい 硬い
静か、不動 動く
小さい、微細 大きい、粗大
濁った、粘 純粋、不粘

これらの質をグナgunaと呼びます。

グナ Guna
 गुण

サンスクリット語で「質」という意味です。

グナの仕組みを知るだけで、生活の中で体調などのバランスがちょっと取りやすくなります。

具体的なグナの利用法

では具体的にグナの使い方をご紹介します。

アーユルヴェーダの基本②:アーユルヴェーダの分類5大元素・ドーシャとは?でご説明したように、5大元素とドーシャのバランスが崩れると不調になります。
そのためバランスを取ることがとても大切なのですが、ルールがあります。

「同じ性質で増え、反対の性質で減る」
英語:Like Increases Like and Opposites Balance.

このルールをうまく活用して、それぞれ持っている性質の反対の性質を用いると、よいバランスへと導くことができます。例えば、

【Q】冷蔵庫から出した飲みものに、氷を入れると温度はどう変化しますか?
【A】冷蔵庫から出したときより、もっと冷えます。
【Q】では、冷蔵庫から出した飲みものを、火にかけたら温度はどう変化するでしょうか?
【A】今度は、冷蔵庫から出したときより、温まります。

冷たい+冷たい=冷たいが増える
冷たい+温かい=冷たいが減る

風邪を引いたとき、グナの使い方

【Q】風邪をひくと、英語でCOLDというように、体の中に冷たい質がいっぱいになります。そんな時、冷たいアイスクリームを食べたらどうなりますか?
【A】冷たい質が増えてしまいます。
風邪を引いたときは、体を温めたり、温かいものを摂ったりする方が良いのです。

それぞれのグナのペアが、シーソーのように、左が上がれば右が下がり、右が下がれば左が上がるようになっています。

両方のバランスが取れた状態がベストですが、偏りを感じたら、上がっている方を下げるか(例:寒くて冷たくなった体を温めるために、温かいお風呂に入る。)、下がっている方を上げます(例:寒さの原因を減らす)。

何でも「○○過ぎる」というのは体によくありません。
冷たい質を早く追い出したいからといって、熱湯などを摂っても、突然冷たい質が消えるわけではありません。
それどころか、急激な変化は負担が大きくなります。
少しずつ温かい質を増やしましょう。

細かいことを覚えなくても、生活の中で使うときには、寒くなってきたから冷え切る前に温かい要素を取り入れる、乾燥する時期を迎える前に油を使ってマッサージする、ずっとのんびり動かない状態で怠くなっていたなら動くという、気付く→対処するを心がけるだけで全然違います。

ドーシャとグナのつながり

参考に、それぞれのドーシャの性質をご紹介します。

ドーシャ 性質 グナ
ヴァータ
Vata
乾燥、軽い、冷たい、粗い、鋭敏、流動的
ピッタ
Pitta
やや粘性、鋭い、熱い、軽い、悪臭、不安定、液状
カパ
Kapha、カファ
粘性、冷たい、重い、遅い、なめらか、粘着性、安定、動かない

次は、日本では5つに分類(甘・塩・酸・苦・旨)される味と、少し異なるアーユルヴェーダの6つの味分類(甘・酸・塩・苦・辛・渋)「ラサ」についてご説明します。アーユルヴェーダの基本⑤:6つの味ラサとは?

関連記事

アーユルヴェーダの基本①:インドの伝統医学アーユルヴェーダとは?
アーユルヴェーダの基本②:アーユルヴェーダの分類 5大元素・ドーシャとは?
アーユルヴェーダの基本③:体を構成するダートゥと食べものが体になる流れとは?
アーユルヴェーダの基本⑤:6つの味ラサとは?

インド号の最新情報

インド旅本 第二弾!「INDIA is #2 "positioning"」販売中ストアで見る≫
+