アーユルヴェーダの基本⑤:6つの味ラサとは?

味の分類:6種類のラサRasa

日本では甘味・酸味・塩味・苦味・うま味の5つが基本味とされていますが、アーユルヴェーダでは、うま味を抜いて辛味・渋味を追加した6つが基本味です。

日本 甘味 酸味 塩味 苦味 うま味
アーユルヴェーダ 甘味 酸味 塩味 苦味 辛味 渋味

その味のことを、ラサrasaと呼びます。

ラサ Rasa
 रस

サンスクリット語で「味」という意味です。

ラサとドーシャの関係

更に、その6つの味がどのドーシャにどのように作用するかということが明確にされているので、その4のグナでお話しした「同じ性質で増え、反対の性質で減る」の考え方を活用することができます。

ラサ 甘味 酸味 塩味 苦味 辛味 渋味
ドーシャ V↓
P↓
K↑
V↓
P↑
K↑
V↓
P↑
K↑
V↑
P↓
K↓
V↑
P↑
K↓
V↑
P↓
K↓

ラサマントラ

ちょっとこの表からでは覚えづらいので、6つのラサを甘酸塩苦辛渋(アマサンシオ・ニガカラシブ)と何回か唱えて覚えましょう。

最初の3つのラサがヴァータを下げ、後の3つのラサがカパを下げます。
ヴァータとカパは相反するので、最初の3つのラサはカパを上げ、ヴァータを下げます。これでほぼ覚えられましたね?
ピッタは、ピッタの性質が赤くなりやすかったり、怒りやすかったりと火を想像するようなものなので、辛い!酸っぱい!しょっぱい!というタイ料理のような鋭い味が血圧あがりそうとか胃が辛い時きつそうとイメージして覚えてください。

生活での使い方

大切な基本のポイントがあります。それは6つ全ての味を摂るようにすること。

それぞれのドーシャを増やす作用のある味/減らす作用のある味と分かれているので、ドーシャバランスの崩れが気になったときに、対応する味を増やして調整するということも大切ですが、わたしたちはみんな全てのドーシャを持っているのです。

普段の生活では、「一部の味に偏ってしまってないかな?」「最近この味食べてないな」と気にかけてみてください。
苦味・渋味が少なくなりがちではないですか?

関連記事

アーユルヴェーダの基本①:インドの伝統医学アーユルヴェーダとは?
アーユルヴェーダの基本②:アーユルヴェーダの分類 5大元素・ドーシャとは?
アーユルヴェーダの基本③:体を構成するダートゥと食べものが体になる流れとは?
アーユルヴェーダの基本④:バランスの取り方のヒント!20種類の性質グナとは?

インド号の最新情報

インド旅本 第二弾!「INDIA is #2 "positioning"」販売中ストアで見る≫
+