Month: March 2016

世界が衝撃!お手頃すぎるインド産スマホ「Freedom 251」本日予約開始 – インド号

今日から予約開始!Freedom 251の性能アプリもインストール済み予約しようとしてみたら…2月19日フリーダム251の予約受付再開!今日から予約開始!インド420円スマホ本日2月18日から予約受付を開始した、インドの激安スマートフォン。名前は、Freedom 251。 価格は、なんと251ルピー(約420円)!! ネーミングの251は価格を表していました。iphoneの約0.5〜1%の価格設定とは衝撃です…。 Freedom 251の性能昨年設立されたインド国内企業Ringing Bellsによるもので、価格に反して性能はしっかりしたもののよう。なぜこんな価格で出せるのでしょう! インド420円スマホの性能 4インチ qHD IPS ディスプレイ320万画素カメラ3G1.3 GHz クアッドコア CPU1 GB RAM8 GB内部ストレージ (32GBまで増設可)1450 mAhバッテリーAndroid 5.1 アプリもインストール済み動画も撮れて、1年間の製品保証も付いて、SNSやLINEのような無料通話アプリWhatsappもインストール済み。 インド420円スマホのアプリ Women SafetySwachh BharatFishermanFarmerMedicalGoogle PlayWhatsappFacebookYoutube予約しようとしてみたら…インド国内で利用するスマホとして予約をしてみようと思ったら、こんなメッセージが現れました。 Dear friends, we are very grateful for your enormous response and your kind patronage and would submit that as of now we received approx. 6 Lacs hits […]

Read More

インドビザを取得しよう 2016「アライバルビザ」編 – インド号

2016年3月6日 アライバルビザ取得者の声を追加しました!2016年3月26日 デリー空港のアライバルビザカウンターの様子・写真を追加しました!2016年9月15日 ムンバイ空港のアライバルビザ受付時間を追加しました!アライバルビザ復活!インドのアライバルビザ2016利用要件申請方法料金朗報!アライバルビザ取得者の声インド号ポイント2016年3月9日デリーの空港にて調査してきましたムンバイ空港のアライバルビザ受付時間を調べてきました!アライバルビザ復活!インドに行く際に事前申請不要のVisa on Arrival(アライバルビザ)が復活予定との噂はありましたが、2016年3月1日付けで本当に復活しました!! 以前12カ国の国民が利用できたアライバルビザですが、2014年に終了。今回の復活は、今のところ日本国民のみなのだそう。 これを受けて、要件に当てはまる日本人は事前のオンライン申請が不要となったそうですが、果たして…?! インドのアライバルビザ2016利用要件商用、旅行、医療、会議目的の方滞在期間は30日まで6ヶ月以上の有効期限のあるパスポート帰国便のチケット1年間に2回までアライバルビザを取得できる空港は、現在6つ。 りっぱなチェンナイ空港 デリームンバイコルカタチェンナイバンガロールハイデラバード申請方法インド大使館によるアライバルビザに関する公式発表に、申請方法が出ていました。 申請書(Application form for VISA on Arrival)をプリントアウトして記入。インド行きの飛行機内でも入手可能とのこと。申請書をダウンロード記入した申請書用紙を持って、ビザカウンター(Visa Counter)へ行く。ビザ発給担当官が、発給資格や入国目的を精査。パスポート情報の読み取り、申請書の内容をビザ申請システムに入力。ビザ発給担当官による審査が終わると、申請書に”SCRUNTINIZED”のスタンプが押される。ビザ発給費用の支払いに進む。支払いが済んだら、移民カウンター(Immigration Counter)へ移動し、生体認証情報の登録と支払い情報の認証・登録を行う。情報登録が済み、費用の支払いが確認されると、パスポートにビザが押され、入国カードが回収されます。料金2000ルピー(同等の外貨でもOK) 朗報!アライバルビザ取得者の声早速取得された方から、ご報告をいただきました!利用者はまだまだ少ないそうですが、なんととても簡単だったそう♩うれしいですね。 アライバルビザは入管の突き当たりに特設されています。 日本語の大変上手なスタッフが24時間常駐してます。彼らは入管スタッフではなく、日本からの要請で出向いてるとのこと。 必要事項をフォームに記入このフォームも日本語で作り直すと言ってました。写真、指紋を取る申請料を払う2000ルピーまたは31USドルお釣りはルピーでした。きっちりの料金が良いそうです。発行スタンプのみお一人に対して6名のスタッフがつきっきりで親切に対応してくださったそうです。スローペースだったとのことですが、一生懸命で嫌な感じはなかったそう。「以前よりもっとインドが身近く感じ、また来たい、また利用したいと思えました。」というご感想がすべてを物語っていますよね。 インド号ポイント新しい制度がはじまりました。認知されるまで、混乱がつきもの。現地に着いてビザがもらえず、入国できないのはとても悲しいです。日本出国まで3日以上ある方はe-Tourist Visaを取得した方がまだまだ安心そうですね。 取得時に「アライバルビザは何回も発行出来る」と言われたそうですが、インド大使館の公式発表によると「日本人に対しては、1月1日から12月31日までの間、2回まで到着時ビザプログラムでの入国が許可されます。」とのことなので、こちらを信用した方が安心と思われます。 2016年3月9日デリーの空港にて調査してきました通常ビザのレーン、e Tourist Visaのレーン、その一番奥にガラスで区切られたアライバルビザの受付カウンター”Visa On Ariival”がありました。 インド・ビザオンアライバルのカウンター インド号到着時、利用者はゼロ。e Tourist Visaの係官に、日本人だけの特例だからぜひ利用して欲しいと言われました。先日ご利用なさった方のコメントと同様、このアライバルビザはマルチプル(複数回入国可)で手軽で安くてすばらしいと言っていました。公式発表とは異なるのですが、現場での認識はマルチプルでした。 どちらにしても、短期滞在にも必須だった事前にビザを取得するという壁がなくなり、手軽に行かれるようになったインド。次の旅先としていかがですか? 「電子ツーリストビザ e-Tourist Visa」の取得はこちら「通常ビザ」の取得はこちら 情報源: Visa-on-arrival for Japanese citizens from tomorrow – Times of India、Welcome to Embassy of India, Tokyo (Japan) ムンバイ空港のアライバルビザ受付時間を調べてきました!Visa On […]

Read More