簡単!自宅でできるアーユルヴェーダ式オイルマッサージ

オイルマッサージをおすすめする理由

オイルととマッサージの組み合わせによるパワーがすごいからです。
日本でもインドでも、たくさんの人が変化していくさまを目にしてきたので、国や年齢を超えておすすめできます。

お風呂前に母が娘をキッチンでマッサージ
入浴前の娘さんの頭をお母さんがササッとマッサージ

どんな木も曲がるオイルの魔法

オイルの魔法を実感できるお話をしましょう。

カラッカラに乾いた枝を水に浸します。
次に、お日様の力で一気に乾かします。
すると、水がどんどん抜けていってポキッと折れてしまいます。洗濯物がカラッと乾く感じです。

今度は、別の枝をオイルに浸します。
すると、なんと全体が柔らかくなって曲げられるようになります。
オイルから出しても、水と違って長い間乾きません。
乾いてきたら、またオイルを追加すると滑らかさが持続します。
油分をふんだんに含んだ屋久杉のお箸や、銀杏の中心部を使った赤太(あかた)のまな板は、復元力が高く我が家でとても重宝しています。

では想像してみてください。
オイルを体に塗るとどうなりますか?
乾燥していた皮膚の滑りが良くなったり、潤ったりしますね。
でも、それだけではなく、先ほどの枝と同じように、体に触れたオイルは体内にも浸透しています。

アーユルヴェーダでは、オイルに浸すとどんな木でも曲がるようになると表現されます。
「木」を「体」や「人」に置き換えて、もう一度読んでみるとワクワクしませんか?

オイルマッサージの作用

では実際にオイルマッサージには、どんな作用があるのか見てみましょう。
効能とか効果という言葉はわかりやすいのですが、法律上使ってはいけないようなので作用としています。

  • 潤う
  • 体を強くする・動きやすくする
  • 血流やリンパの流れや気持ちの流れなど、いろんな流れを促す
  • 自分の変化や痛みに気づく
  • 便意促進
  • 体を温める
  • リラックスする
  • 白髪、しわ予防
  • 老化予防
  • 視力を高める
  • 皮膚に弾力を与える
  • 肌の色つやが良くなる
  • 快眠・寝付きが良くなる
  • 疲労回復
  • 体力がアップする
  • 怪我をしにくくなる
  • 健康増進
  • 激しい運動や労働の前後に行うと筋肉痛になりにくい

「よく眠れた」「風邪を引きづらくなった」「目がスッキリする」「しわが薄くなった」「日によって体が違うのがわかる」「痛みが減った」「気持ちが落ち着いた」などの声を耳にします。

良いものも悪いものも、浸透します

手の縫ったキズ

オイルはよく浸透します。そのため気を使うべきポイントを覚えておきましょう。

中学生の頃、手を7針ほど縫う小さな手術を受けました。抜糸して包帯を取ると、漫画のようにクッキリと縫い目が残っていました。
当時気に入っていたエンジ色のペンで、ふとその傷跡をなぞりました。
しばらくして手を洗っても消えません。石鹸を使ってもダメでした。
理由がわかりますか?
インクは、すでに皮膚表面ではなく、治りかけの生まれたばかりの皮膚を通って、体内に浸透していたからなのです。

良くないものでも、少量で自分が元気であれば分解できます。問題は起こらないでしょう。
でも、元気でなかったり大量だった場合は、分解しきれず悪い影響が出てきます。

反対に、良いものを使うと、浸透した後、体中に張り巡らされている道スロータス、シュロータス、管、srotasを通って、全身のすみずみに届けられるのです。
それと一緒に、それぞれのオイルが持つ作用も一緒に届けられます。
体を温めるものを使えば温まるし、冷ますものなら冷ます。痛みを減らすものなら減らす、体を強くするものなら強くします。

すみずみ届けるために、もう一つ大切なこと

すみずみ届けるためには、もう一つ大切なことがあります。
届けるとき、道(スロータス、シュロータス、管、srotas)に障害物や渋滞があっては、うまく届けることができません
そのためには、マッサージをすることで外から中の流れを促します
こすって温めると体の中がポカポカする。これは、外から与えたチカラで中に流れが起きているのです。

マッサージするときは、強くなって欲しい部位や痛みが無くなって欲しい箇所、関節などの複雑な形状のところは念入りにします。
「もっとここに入ってね。ちゃんと届いてね。」
「ここはまだまだ使い続けるからね。ずっと頑張って動いていてね。」
そんなメッセージを届けながら、じっくりと色んな角度からマッサージしてみましょう。

触れて刺激を与えていると、体の方も「ココが痛いよ。ココがこっているよ。」と教えてくれるでしょう。自分の内側と外側が協力するのです。

体にいいオイル=自然のものを使いましょう

オイルの選び方

本場インドのアーユルヴェーダ病院やカラリパヤットゥの診療所では、古典や代々伝わるレシピに基づいて作られたオイルを使っています。
薬草や乾燥した実、根っこや幹、ハチミツや椰子砂糖や、お花など、自然がいっぱい詰まっています。

ですが、それを買いましょう!とおすすめしているわけではありません。これは現地でも、あくまで医療機関でのお話です。
ココナッツが生い茂るアーユルヴェーダ薬局もたくさんある南インド・ケララ州の家庭では、料理にも使うココナッツオイルを全身のマッサージに使用しています。
他の地域ではマスタードオイルを使うなど、土地土地によって使うものが違います。寒い土地ではココナッツオイルはすぐに固まってしまいます。
あるスペインの生徒さんは、オリーブオイルで全て賄っていますが、とても効果を感じているそうです。

わたしたちも、日本で自宅で始めるときは、同じように普段の食事に使えるオイルを使ったら良いのです。
でも、忘れてはいけないのが「体に良いもの」。不純物の入ったものや、何からできているのかよくわからないものは絶対に避けましょう。
そこを踏まえて、まずはスーパーなどでも手に入る太白ごま油焙煎していない白色のごま油を使ってみましょう。

太白ごま油の使いやすさ:8つのポイント

  • アーユルヴェーダでは、ごま油がヴァータを抑えるのに一番おすすめされている
  • 香りが少ない
  • 色が付かない
  • 頭・体・顔どこにでも塗ることができる
  • 鼻や耳に入れてもOK
  • うがいにも良い
  • 手に入れやすい
  • 価格が手ごろ

もう一つワンランクアップのおすすめごま油は、玉締め一番搾り・小野田製油所のごま油。薪の火で炒ったごまを丁寧に絞っているので、より自然で栄養がいっぱいです。太白ごま油よりおいしそうな香りがするので、体に使うのを躊躇される方もいるかもしれませんが、キュアリングすることでだいぶ抑えられます。
黒色のごま油は使わないでくださいね。


生活クラブのデポーでは300gサイズも売っていて、会員でなくてもお試し買いができます。お近くのデポーを検索

ごま油を使うと赤みや発疹が出るなど、お肌に合わない場合は、ココナッツオイルやオリーブオイルを使ってみましょう。
頭髪には、昔から日本で使われてきた椿油もいいでしょうね。下の椿油は、伝統製法の玉締めで作られているものです。

体に浸透する大切なオイル。不自然なものや強すぎるものが入っていないものを選びましょう。

ごま油を加熱してみよう(キュアリングの方法)

キュアリングごま油は、最初に加熱処理することで、余分な水分が抜けて触感が軽くなり、浸透力が高まります。
その他の油は、加熱処理不要です。

小さなお鍋の場合、クッキングガスマットがあると安定して便利です。 

  1. 鍋にオイルを入れ、弱火で120℃くらいまで熱します。5分間ほど、その温度を保ちましょう。
  2. 冷まします。
    このとき蓋をすると水滴が油に入ってしまいます。蓋をする場合は、少し冷ましてからペーパータオルや新聞などをかぶせましょう。
  3. 冷めたら、元のビンに戻して保存すると便利です。

マッサージに必要なもの

必要なのものは、たった3つ。

  1. オイル
  2. 拭き取るもの
    いらないタオルや、キッチンペーパー、インド式に新聞でもOK!捨てられるようなものを、多めに用意しましょう。
    (わたしが使っているのはバウンティのペーパーナプキン。切れにくくオイルを吸いやすいのでおすすめ。)
  3. 床に敷くもの
    オイルマッサージを続けるには、オイルで周りを汚さないことがポイントです。
    時間があるときは軽くストレッチなどもできるように、広めにビニールシートを敷いたり、新聞を数枚敷いたり、吸水性の低い大判の布を敷きましょう。(”吸水性が高いものは、オイルも吸いこむ”ので、おすすめできません。)
    時間が無いときは、いらないスリッパの上でササッと済ませることもできますが、バランスを崩さないように気をつけてくださいね。

マッサージのやり方

フルコース

早速やってみましょう。
まず部屋が寒いようなら充分に暖めましょう。

アーユルヴェーダ式ヘッドマッサージと全身マッサージ

  1. 手のひらにオイルを取って、最初にウッチーマルマという風や気の出入りする大切なポイントに塗ります。
    (右図参照:眉毛から指8本上に上がったところ)
  2. ウッチーマルマから少しずつ頭皮全体に塗り広げマッサージします。
    次に全身にオイルを塗ります。アーユルヴェーダは他のオイルマッサージよりもオイルを使う量が多いと思ってください(目安:ぬるぬる程度)。
  3. オイルの浸透時間が必要なので、塗り始めからマッサージ終了まで10分以上かけましょう。
    テクニックは、下図のように関節のような複雑なポイントはくるくると、まっすぐな骨はまっすぐに、お腹は時計回り、耳や鼻やお尻の穴など体の外と中の出入り口にも塗りましょう。あらゆる角度から入り込むようなイメージで、「お疲れさま」「強くなってね」などの気持ちとともにマッサージしましょう。
  4. オイルが浸透したら、表面に残ったオイルをペーパーなどで軽く拭き取り、シャワー/入浴で洗い流します。

クイックコース

ヘッドマッサージ、始めにオイルを塗るマルマ

  1. 手のひらにオイルを取って、最初にウッチーマルマという風や気の出入りする大切なポイントに塗ります。
    (右図参照:眉毛から指8本上に上がったところ)
  2. ウッチーマルマから少しずつ頭皮全体に塗り広げ、指の腹を使って頭皮をマッサージします。次に足の裏にもしっかりと塗ります。頭・耳・足の裏は、必須の3点。
  3. そのまま眠っても、シャワー/入浴で洗い流してもOKです。
    眠る場合は、枕にタオルなどを敷きましょう。

マッサージの頻度・タイミング

マッサージの頻度

アーユルヴェーダでは、生まれたときから死ぬまでの毎日をおすすめしていますが、週に2-3回程度できたらとてもいいですね。
でもまずは、お休みの日など時間に余裕があるときからはじめてみましょう。
季節の変わり目や強くなりたいときなどは、頻度をあげます。

ベストタイミング

自宅で簡単アーユルヴェーダマッサージの準備

シャワー/入浴の前。これはとても大切です。
水が浸透してからは、オイルが入らないのです。

お腹がいっぱいの時、消化不良のときは、消化が最優先!
マッサージやお風呂は、体が楽になってからにしましょう。

風邪を引いているときや、生理中もNGです。入浴を避けた方がいい時は、マッサージも控えましょう。

頭部を洗うときは、温度はぬるめ。
頭頂のウッチーマルマに直接熱いお湯をかけないよう、後ろの首元から頭に向かってお湯をかけましょう。

体を洗うもの:石鹸以外にもいっぱいあります

オイルや体本来の潤いを取りすぎないために、また体に触れるものを負担の少ないものにするためにも、自然のチカラを使って体や髪の毛を洗ってみましょう。

日本で購入できるものでおすすめなのが、沖縄のミネラルたっぷりの深い海の底の泥です。琉球クチャ髪洗粉。
髪洗粉という名前ですが、全身に使うことができ、水分濃度を変えればパックにもなるという優れもの。

現在は、同製品は見当たらないのですが、琉球泥灰岩くちゃが同じように使えそうです。

他にも、インド食材店で買えるひよこ豆の粉(ベサン、ベスン)や緑豆の粉もオイルが落ちます。(緑豆粉は、韓国や台湾でも洗浄に使われているそうです。)

きなこも使えますが、わたしには脱脂力が強すぎました。お豆は食べものなので、洗うのに適さなかった場合でも、お料理や食器用洗剤替わりに使えて無駄になりません。

ぬかは、たっぷりの油をしっかり落とすには不十分でした。

もっとしっかり落としたいときは、Auromereの石鹸などを使っています。

ケララの昔ながらの洗髪法であるハイビスカスの葉っぱで洗うのも、とても気持ちいいです。
オーロメア タルシー ニーム石けん

近日開催予定のイベント

インド号 田村ゆみ・廣瀬郁実『インド! インド! India!』 暮らしのなかのアーユルヴェーダ
インド好きのための、女子目線インドシリーズ第一弾!アーユルヴェーダを使った自分ケア

6月11日13:00〜   1000円〜1800円
湘南T-SITE|神奈川・藤沢 詳細はこちら

カラフルインディア2016『colorful INDIA 2016』
インドを仕事にした3人の女性が、語り尽くすトークイベント!

6月21日19:30〜   1000円
H.I.S. 旅と本と珈琲とOmotesando|東京・青山 詳細はこちら

6月11日 アーユルヴェーダイベントお申し込み受付中!詳細はこちら≫
+